海老名市、大和市、座間市、綾瀬市の葬儀社・家族葬。

お葬式のしおんブログ

社内勉強会 2

今日のしおんは、いつも楽しみにしている社内勉強会です。 🙂


↑ ↑ ↑しおんスタッフと、講師の小林さん(右)

この方は、いつも私たちが大変お世話になっている小林訓さん。
税金や保険、年金、相続のことなどのスペシャリストです。

お葬式を行うご家族のお手伝いをする私たちに必要な、
生命保険のことや、生活保護、金融機関の仕組み、
その他、様々な手続きのことなどなど・・

スタッフたちの勉強のため、
定期的にわざわざ弊社まで足をはこんでいただいております。

社内勉強会 1

刻々と変わる社会情勢の中、大人になっても日々新たに勉強することは、
本当に大切ですね。

人生の最期をお手伝いする葬儀社のスタッフとして必要な知識を学んで、
今後もお客様のお役に立てるよう、
しっかりと勉強したいと思います!

しおんの一日葬 (2021年2月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬

大和斎場にて、一日葬のお手伝いをさせていただきました。

「一日葬」とは、お通夜を行わず、葬儀・告別式~火葬を一日で行うお葬式のかたちです。
最近ではコロナ禍により、ご参列皆様の外出・移動などのご負担を考慮されて
「一日葬」を選ばれる方が増えています。

こちらの大和斎場は、市が運営する葬儀施設で、火葬場と4つの葬儀式場が併設されています。
この度は、「第2式場」にて執り行いました。

この第2式場は、コロナ禍の以前は80席ある式場でしたが、
現在は感染予防のため、半分程の席数を間隔を空けて使用します。

お隣同士があまり近づかないように間隔を空けて座るこのスタイルは、
今では当たり前のルールになってしまいましたね。

ご参列の皆様には“密”を避けていただき、なるべく離れてお掛けいただくようご協力いただきました。

式場中央の立派な白木祭壇は、式場常設のものです。
大和斎場は、この白木祭壇を無料で使用することができます。
式場使用料に祭壇使用料も含まれています

この度は、白木祭壇をこのような優しい感じの色の生花で飾りました。
伝統的で立派なイメージの白木祭壇は、お花で彩ることでより豪華な雰囲気になりますね 。

屏風とベロアの深い青色に、白いお花と白木祭壇の色が映えてとても格好良いです。 🙂 

 

こちらは、式場前の受付のスペースです。
こちらには飛沫防止の間仕切りシートを設置しました。

この間仕切りシートも、今はどこでも当たり前になってしまいました。

“コロナ禍”という大変な状況の中で行うご葬儀ですが、
この度も、ご家族をはじめ皆様のご協力のおかげで無事に終えられたことを感謝いたします。
大切なご家族のご葬儀、弊社にてお手伝いさせていただき本当にありがとうございました。

故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 


しおんは今後も現状把握に努め、お客様とスタッフの安全を第一に、
しっかりと感染予防に取り組んでまいります。

コロナ禍による直葬という選択

コロナ禍により、お葬式を考えているお客様から、
「直葬」についてのお問合せをよく伺うようになりました。

そこで今回は、
コロナ禍による「直葬」というお見送りのかたちを考えるブログです。
少しでもご判断の参考になれば幸いです。

 

「直葬」とは、お通夜・葬儀といった儀式を行わず、
火葬場にお集りいただき、お別れをした後、火葬するという形式です。

シンプルでご費用も抑えられる「直葬」というかたちは、
様々な理由から選ばれる方が多くいらっしゃいます。


弊社では「しおんの火葬プラン」にて直葬のご案内をしております。
【ご葬儀プラン】のページで詳しい内容を紹介していますので是非ご覧ください。

 

このような時期だからこそ、葬儀を行うことへのリスクはご心配ですよね。
お通夜、葬儀を行わず「直葬」にするべきか?
コロナ禍により、そんなお悩みの方からのご相談を頻繁に伺うようになりました。

 


現状では、緊急事態宣言の発令中であっても、
葬儀自体の自粛、また葬儀に関わる外出の自粛は求められていません。
そのため、しっかりと感染予防に取り組みながら、

お通夜、葬儀・告別式を行うことは可能です。

 


通常通りのお葬式を行うことは可能ですが、
感染防止のため、葬儀施設・火葬場の多くが、
「出来る限り少人数でのご来場」のご協力をお願いしております。
感染リスクの観点では、
葬儀の形式ではなく、“人がたくさん集まること”
いわゆる「3密」を避けることを求められているのが現状です。

 

◆「具体的な感染予防の対策について」
◆「コロナ禍の葬儀の現状について」を解説しています。

是非こちらもご覧ください。
  ↓ ↓ ↓ ↓

感染予防の取り組み

コロナ禍での葬儀の現状 

新型コロナウイルスの影響によりお客様には様々なことを考慮した上で、
慎重にご判断いただかなければならないことが多く、
私たち葬儀社としても心苦しい限りです。

このような状況の中で行うお葬式ですが、
少しでもご満足いただけるご提案ができればと考えております。

お葬式はやり直すことができません。

お見送りのかたちは様々ですが、
「やっぱり、こうしてあげればよかった・・」と、
のちのち後悔が残ることがないよう、
「コロナ禍」だけでなく、ご自身やご家族のご希望や、
周囲の状況を踏まえご検討いただければと思います。

 

 

「コロナ禍の葬儀について」ご質問、ご相談は、
しおんのフリーダイヤルまで、どうぞお気軽にお問合せください。

このような時期だからこそ、お葬式についてのお悩みなど、
何なりとお話し頂ければ幸いです。
24時間葬儀専門のスタッフがお伺いします。 🙂 

 

しおんの4コマ漫画 その5

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など、
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。


もうすぐバレンタインデーですね 。

子供の頃は「好きな人にチョコレートで想いを伝える日」として、
2月14日はドキドキしていたことがありますが 😳 (笑)
大人になってからは、男性・女性関係なく、
「大切な人に日頃の感謝を伝える日」という感じになった気がします。

1年に1度のバレンタインデー、
みなさまは、どのように過ごしていますか?

しおんのスタッフたちは、あまり季節のイベント事などを、
「みんなで楽しもう!」みたいなタイプの人たちではないのですが・・ 😥

バレンタインの時期は、
普段、当たり前のようにお世話になっている方々に、
感謝の気持ちを伝えたいと思います!

みなさまにとっても素敵なバレンタンになりますように。 🙂

相談所のプランター 11 

寒い日が続いていますね。

しおんのお葬式相談所では、数年前に弊社のはなでか社長が持ち込んだ、
このレトロなストーブが活躍してくれています。

上にやかんを置いておけば勝手にお湯が沸いてくれて、
さらに加湿器代わりにもなってくれる、このステキなストーブ、

社長に持ち込まれた時は、スタッフたちに少し迷惑がられていましたが、
今ではすっかり冬の間は手放すことのできない大事な存在になっています。 🙂

そんな寒い日々ですが、
先日、弊社のプランターにお花の苗を植えてみました。

この寒い時期を耐え抜いて、春にはピンク色のポピーのお花が咲く予定です。

楽しみです。 🙂

もう一つ、この植木鉢にはチューリップの球根を植えました。
土の表面にちょこんと芽が出てきています。

苗や球根から植えてみたのは初めてなので、
上手く育ってくれるか心配ですが・・

ゆっくりと、お花の成長を楽しんで待っていようと思います。

弊社のはなでか社長も最近、鉢付きの栽培セットで大事にお花を育てています。

【はなでか社長のひとりごと】

アマリリスを育ててみます!

こちらのお花もきれいに咲いてくれるといいですね。
春が楽しみです! 🙂


【しおんのお葬式相談所のご案内】

所在地:海老名市東柏ヶ谷6-18-3
電話:0120-400-593

お葬式のご相談無料です。
しおんのフリーダイヤルまでお気軽にお問合せください。