海老名・大和・座間・綾瀬で葬儀・家族葬ができる葬儀社

お葬式のしおんブログ

しおんの一日葬 (2021年10月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬, 大和斎場

大和斎場にて一日葬のお手伝いをさせていただきました。

「一日葬」とは、通常お通夜~火葬まで2日間に渡るお葬式を、
お通夜を行わないで1日で行うかたちです。

この度は、コロナ禍の影響を考慮されたご家族のご判断で、
近親者のみが出席する少人数の「一日葬」にて行うことになりました。

 

式場内の椅子は、このように間隔を空けてお掛けいただきます。
お隣同士があまり近づかないようにするこの光景は、
最近ではどこでも当たり前になってしまいました。

式場中央の故人様の祭壇は、大和斎場の常設の白木祭壇を利用しました。
こちらの立派な白木祭壇を無料で使用できるのは、大和斎場のいいところの1つです。
大和斎場は式場利用料に祭壇の使用料も含まれています 🙂 


壇上を彩る生花は、白を多めにさわやかな色の組み合わせで作っていただきました。

 

伝統的で立派な白木祭壇は、飾るお花によって様々な雰囲気になります。

豪華で華やかにしたい、またはシンプルにしたい、
など、お客様のお好みは様々です。
しおんは、お手伝いさせていただく上で、
皆様それぞれのご要望に添ったものをご用意したいと考えております。

大切なご家族のご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 


~ しおんの「大和斎場一日葬プラン」のご案内 ~

「一日葬」に必要なものがセットになった充実のプラン内容です。
価格は税込み表示です

ご質問、ご相談は、しおんのフリーダイヤルまでお気軽にお問合せください!

0120-400-593
24時間365日地域の葬儀に詳しい専門のスタッフがお伺いします。

 

しおんの4コマ漫画 その17「ペットのきもち3」

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。

~前回の続き~

前々回 click ▶ ペットのきもち1
前回  click ▶ ペットのきもち2


お葬式をお手伝いさせていただく中で、
ご家族、いわゆる飼い主を亡くしたペットの子たちと何度かお会いしてきました。
その度に、ご家族からいつもとちがう行動をしたというお話を伺ったり、
私たちスタッフの前で、何か伝えたがっているような姿や、
ご家族を想う優しい姿などを見せてくれたりしました。

そんな大好きなご主人さまを先に亡くしてしまったわんちゃんやねこちゃんは、
一体どんな心境になるんだろうと、気になったので少し調べてみました。

動物の専門家の方のお話や記事によると、犬や猫には「死」という概念がなく、
ご主人が亡くなったことにより「もう会うことは出来ない」ということを
理解することは、なかなか難しいことだそうです。
ただ、「死」を理解しなくても、日常生活を過ごす中で、
ご主人が「この場にいない」ことを感じて寂しい気持ちを抱くことはあるそうです。

ご家族の一員として愛されているわんちゃんやねこちゃんたちは、
「死」ということを理解しなくても、他のご家族の言動や雰囲気から
何かを感じているのかもしれませんね。

最後に、そんなわんちゃんやねこちゃんへ
亡くなったご主人が天国で心配しないよう、
どうか、これからも前を向いて元気に生きてほしいと願っています。

 

しおんの4コマ漫画 その15「ペットのきもち1」

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。


ペットを家族の一員として、かけがえのない存在になっているご家庭はたくさんありますよね。
最近では「ペット」という呼び名をやめて、〝仲間〟〝伴侶〟の意味を持つ
「コンパニオンアニマル」と呼ぼうという動きもあるそうです。

私たちがお手伝いさせていただいたお客様の中にも、
わんちゃんやねこちゃんと一緒に暮らしているご家庭がたくさんありました。
どのご家庭の子もみんな、家族の一員として、とても愛されて暮らしていました。

そんな自分を愛してくれたご主人を亡くした悲しみは、
一緒に暮らしていたペットの子たちも、私たち人間と同じように感じているのかもしれません。
お葬式のお手伝いをさせていただいていると、
わんちゃんやねこちゃんたちが様々な表情を見せてくれます。

今回は、そんなご家族の優しいねこちゃんの4コマです。 🙂 

通夜振舞いに代わるおもてなし

全国で着々とワクチン接種が続いていますが、
一方で感染力の強い変異株が確認され、未だ収束がみえないコロナ禍、

お葬式を行うお客様からは、様々なご不安のお声を伺う状況が続いています。

中でも、お葬式の中でのお食事のお席「通夜振舞い」については、
コロナ禍のはじめの頃より変わらず大変多くのご相談を伺っております。


通夜振舞い : お通夜でご参列皆様にお振る舞いするお食事

通夜振舞いは、お寿司を中心に煮物や揚げ物など大皿のお料理を皆様で囲み、
個々で取り分けて召し上がっていただくスタイルが一般的です。

感染予防の観点では、良くないとされるお食事方法です。

皆様をお手伝いする私たち葬儀社、また各市区町村が運営する公営斎場の多くが、
お客様の安全のため、出来る限り避けていただきたいと考えています。

このような現状から多くのお客様が、
通夜振舞いを行わないご判断をされています。

 

その場でお食事を召し上がっていただけない代わりに、
皆様に、お弁当をお持ち帰りいただくという方法があります。

しかし、この方法はいくつか欠点があります・・

まず、お弁当をいくつ用意すればいいか、数の予想が難しいところです。

例えば、ご参列の人数が予想より少なかった場合、
お弁当が余ってしまい、無駄になってしまいます。
逆に予想より多くの方がいらした場合、
数によっては急遽追加しても間に合いません。

また、暑い季節はお弁当をお渡しするのは難しくなります。
特に遠方からお越しの方にお持ち帰りいただくのは、やはり心配です。

 

通夜振舞いの代わりとしてのお品物を、
「お香典返し」とは別にご用意して、皆様にお渡しします。

現在、弊社しおんでは、こちらがいちばんお客様に選ばれている方法です。

返品や追加が可能なので、お客様のご負担も減り、
遠方からお越しいただいた方、また、暑い季節も安心してお渡しできます。

 


コロナ禍において、お葬式のかたちも変わりつつあります。
しおんは、日々国や各自治体の措置に応じてご案内させていただきます。

 

掲載内容に関してのご質問・ご不明点などは、
しおんのフリーダイヤルまでどうぞお気軽にお問合せください。

24時間365日専門のスタッフがお伺いいたします。

0120-400-593