お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

年末年始も24時間営業しています。

カテゴリー:しおんからのお知らせ

今年も残すところ、後20日ほどになりました。

12月に入ると、街はクリスマス一色になり、
そしてあっという間に年末のご挨拶をさせていただく時期になりますね。

これから年末にかけては、皆様ご多忙のことと思います。

121

お葬式のしおんは、今年の年末年始も、24時間営業しております。

急なご不幸の場合もご安心ください。
夜間、早朝問わず迅速に対応いたします。

また、ご相談も24時間受け付けております。
ご葬儀についてのお問合せ、ご質問なども、お気軽にお電話ください。

いつでも専門のスタッフがお伺いします。

shion

 

【しおんのお葬式相談所のご案内】

住所:海老名市東柏ヶ谷6-18-3

shionnannnai

しおんは、事前のご相談・お見積り無料です。
また、ご希望によりご自宅でのご相談も承っております。

まずは、お電話でお問合せください。
お待ちしております。

furi-daiyaru

大和斎場の葬儀・家族葬おまかせください。

カテゴリー:斎場の紹介

大和斎場は、大和・海老名・座間・綾瀬の4市が管理、運営している公営斎場です。

所在地:大和市西鶴間8-10-8

yamato1

敷地内には、火葬場と4つの葬儀式場が併設されており、
どの式場も低価格で利用することができます。

【大和・海老名・座間・綾瀬にお住いの方の利用料】
yamato3

 

 

yamato8

しおんでは、便利で低価格な公営の大和斎場を利用したお葬式をおすすめしています。
yamato4

葬儀式場のすぐお隣に火葬場があるので、
移動のための霊柩車、マイクロバスは必要ありません。

yamato7

また、移動がないことにより、1つの場所でご葬儀をすべて終えることができるので、
ご遺族皆様のご負担も少なくなります。

 

yamato6

大和斎場は、すべての式場に白木祭壇が備え付けられており、無料で使用できます。
式場利用料に祭壇の使用料も含まれています

yamato9

祭壇は、各宗派に対応しています。( ↑ 写真は仏式)
生花の装飾により、雰囲気がガラリと変わります。
このような祭壇を彩る生花は、お客様のご希望に合わせご用意しています。

 

公営斎場は各市区町村にあり、そこにお住いの方が低価格で優先的に利用できる施設です。

大和・座間・海老名・綾瀬にお住いの方、
ご葬儀をお考えの際は、大和斎場を是非、ご検討ください。

ご予約からすべて、しおんがお手伝いします。

 

【しおんの大和斎場プランのご案内】

ご好評いただいている家族葬プランです。
必要なものが揃ったわかりやすいプラン内容になっております。

yamatokazoku

他にも様々なプランがございます。
しおんは、お客様のご希望の内容でお葬式をご提案いたします。

ご質問・ご相談は、こちらのフリーダイヤルまで、どうぞお気軽にお問合せください。
denwa

芸術の秋

〝芸術の秋〟といわれているように、秋は様々な芸術作品の展示会が多く開催されていますね。

今月は、私たち、しおんのスタッフたちも、
普段お世話になっている方や、以前のお客様からお誘いいただき、
いくつかの展示会にお邪魔させていただきました。

 

こちらは、海老名市民ギャラリーで開催された「写真展」です。

tk1

tk2

「季節のうつろい」というテーマでの、様々な写真が展示されています。

tk3

tk4

多彩な写真を前に、普段あたりまえのように過ごしている「季節」というものを意識しました。
茫洋とした自然の色、美しさを、四角いフレームに収める技術は、本当に素晴らしいですね。

 

 

こちらは、海老名市のお寺で開催された「焼きもの展」です。

tg1

私たちがお伺いした日は、とてもいいお天気でした。

tg3

tg2

室内の展示場には、温かみのある素敵な作品の数々が展示されていて、たくさんの方で賑わっています。

作品は、それぞれ大きさや色など、一つ一つに様々な味わい深い表情がありました。

tg4

作品を買うことができる会場もあり、伺ってみると、
どの作品もとてもお手頃な値段で売られていたのに驚きました。

作品を手にすると、ずしっという重みと、土の質感が伝わってきます。

もちろん私たちも、かわいらしいお茶碗や小鉢など、いくつか購入させていただきました。

tg5

芸術の知識はまったくない、しおんのスタッフたちですが、
芸術作品に触れること、
こういった才能をお持ちの方々とお話しさせていただくことが、
自分たちが知らない世界を知るこができる貴重な時間だと考えています。

 

ですから、スタッフたちは、
こんな機会は大切で、大好きな時間の一つです。

 

また、来年も〝芸術の秋〟を、楽しみたいなと、思います。