海老名市、大和市、座間市、綾瀬市の葬儀社・家族葬。

お葬式のしおんブログ

葬儀後もお手伝いします

近親者が亡くなると遺されたご家族は、
お葬式が終った後もやらなければならない手続きがたくさんあります。

 

【葬儀後の手続きの例】

tetuduki
↑ 基本的な手続きの一例です。ご遺族により異なります。

 

しおんでは、少しでもご家族のご負担が少なくなるよう、
葬儀後もご希望に応じてお手伝いしております。

 

【葬儀後の流れの例としおんのお手伝い】

nagare

葬儀後、必要になることは、宗教やご遺族により異なりますが、
お一人お一人の環境やご要望に合わせアドバイスいたします。

どうするべきか悩んでいること、ちょっとしたご質問も、お気軽にどうぞ。
何かお役に立てることがあるかもしれません。

dennwa

お電話でのご相談は24時間365日受付けています。

 

after

しおんは、お葬式が終ったらそれで〝終わり〟ではなく、その後も何か必要なことがありましたら、
気軽に何でもご相談いただけるような担当者を目指しております。

しおんの一日葬 (2019年8月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬

大和斎場にて『一日葬』のお手伝いをさせていただきました。

kishi1

この度は、ご家族を中心とした少人数のお葬式でしたので、
椅子を少しアーチ形に並べて、式場をゆったり広々と使っていただけるように設営しました。

kishi2

祭壇は、常設の白木祭壇を使用して、遺影写真の廻りが華やかになるよう飾りました。
濃い紫色が上品な感じで素敵です。

kishi3

祭壇の生花は、最期にお棺へと添えられるので、故人様のお好きだった色など、
なるべく故人様のイメージに近いものを演出できるよう心がけています。

kishi4

大切なご家族のご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただきまして誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

【一日葬について】

『一日葬』とは、お通夜を執り行わないお葬式のかたちです。
お通夜を行わず、一般的な2日間に渡り行うお葬式の〝2日目のみ〟を行います。
bodaiji

ご相談・ご質問は、しおんのフリーダイヤルまでお気軽にどうぞ。
0120-400-593

しおんの家族葬 (2019年8月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 家族葬

大和斎場にて家族葬のお手伝いをさせていただきました。

この度の「家族葬」は、ご家族・ご親戚のほか、
日頃から親しいご関係だったご近所の皆様が集まってくださいました。

f2

故人様をお見送りする生花は「あまり寂しい感じにならないように」とのご希望で、
祭壇の2段を生花で飾り、その両脇に「喪主」のお名前の生花を一対飾りました。

f2

この、お名前のお札が立つ籠の生花は、祭壇の横にあると実物より小さく感じますが、
とてもボリュームがあって立派です。

moshu

(1基:15000円)
ご家族の関係の会社様・団体様からも承っています。

f1

白木祭壇の左右に同じ数の、立派な籠の生花が規則正しく並び、
大きな一つの祭壇になったかのようで、とても華やかでした。

 

こちらは、式場のお隣のお清め所です。

kiyome

お通夜でのお食事は「通夜振る舞い」や「お清め」と言います。
皆様で食事しながら故人様を懐かしみ、思い出話ができるお席は、
お葬式の中で、とても貴重で大切なお時間の一つですね。

 

f4

大切なご家族のご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

相談してよかった!

カテゴリー:しおんからのお知らせ

お気軽にお葬式の相談に来ていただきたいという思いから「お葬式相談所」を開き、
海老名市東柏ヶ谷6丁目にお世話になるようになって4年目になりました。

shion1

shion3

小さな小さな相談所ですが、今までたくさんの方が相談に来てくださいました。

shion2

しおんのお葬式相談所のスタッフはご相談を伺う上で、大切にしていることがあります。

それは、最後に「相談してよかった!」と思っていただくことです。

お葬式を行うことは、めったに経験することではありません。
どなたも不安でいっぱいです。

また、〝相談〟のために訪れたはずなのに、勧誘や契約を急かされる場になってしまい、
嫌な経験をされたことがある方は少なくありません。

しおんのお葬式相談所は〝相談の場所〟です。
こんなお気持ちの方・・ どうかお気軽に利用してみてください。

shion4

私どもで、何かお役に立てることがあるかもしれません。

shion7

お葬式のご相談無料です。
まずは、お電話でお問合せください。

お待ちしております!

 

お盆の豆知識

もうすぐ8月のお盆ですね。
お盆は一年に一度、ご家族のもとにご先祖様が帰ってくるといわれています。

obon4

 

今回は「お盆」の豆知識を少し紹介したいと思います。

 

obon1

「お盆休み」というと全国的に8月が多いですが、7月がお盆の地域もあります。

obon2

 

obon3

お盆はもともと7月だったのですが、明治時代の改暦により、
8月に行われる地域が多くみられるようになりました。

また、地域によっては7月は農繁期で忙しいため、
1か月遅らせて行うようになったといわれています。

7月のお盆 → 新のお盆・新盆
8月のお盆 → 旧のお盆・旧盆
などと、呼ばれています。

obon5
諸説あります

 

obon10

お盆の正式名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)というそうです。

サンスクリット語の「ウラバンナ」(逆さ吊り)
ペルシャ語の「ウラヴァン」(霊魂)
からきた言葉だといわれています。

なんだか少し怖い意味の言葉ですね・・

 

obon7

お釈迦様の弟子が7月15日に霊を供養したことが、お盆のはじまりといわれています。

【盂蘭盆会(お盆)の由来とされる言い伝え】
obon14
諸説あります

 

obon11

お盆は〝ご先祖様を供養〟する期間とされています。
供養のお作法や、期間中の過ごし方は地域や宗教、各ご家庭により様々です。

【お盆の流れの一例】

obon12

 

お盆の細かな風習は、地域などにより異なりますが、
ご先祖様への供養の気持ちは、古くから変わらず今に受け継がれています。

 

普段つい忘れてしまいがちですが、お盆の期間は改めて、
今、ここにある生の源であるご先祖様に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 

皆様も、良いお盆をお過ごしくださいませ。

obon13

 

【お盆のご相談】
準備のことや必要な仏具のことなどなど・・
ご不明点がございましたら、しおんのフリーダイヤルまでお気軽にお問合せください!

shion