お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

意外と知らないお盆の豆知識


もうすぐお盆の時期がやってきますね。
お盆は1年に1度、ご先祖様がご家族のもとに帰ってくるといわれています。

今回は、意外と知らない「お盆」の豆知識を紹介したいと思います。
・お盆の期間は?
・7月と8月の違い
・お盆の由来
・お盆の語源
・お盆は何をする?

お盆の期間は、全国的に8月が多いですが、
7月がお盆の地域もあります。

東京と、金沢、函館の一部の地域では7月に行われていることが多いようです。

7月のお盆 → 新のお盆・新盆
8月のお盆 → 旧のお盆・旧盆
と、呼ばれています。

かつて、お盆の期間は7月だったのですが、明治時代の改暦により、
8月に行われる地域が多くみられるようになりました。

また、7月は農繁期で忙しいため、
1か月遅らせて8月に行うようになったといわれています。


諸説あります

お釈迦様の弟子が7月15日に霊を供養したことが、
お盆のはじまりといわれています。

【お盆の由来とされる言い伝え】
諸説あります

お盆の、もともとの名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といいます。

サンスクリット語で「逆さ吊り」という意味の「ウラバンナ」
また、ペルシャ語で「霊魂」という意味の「ウラヴァン」
などからきた言葉だといわれています。

お盆は、ご先祖様を供養する期間とされています。
供養のお作法や期間中の過ごし方は、
それぞれの地域や宗教、ご家庭により様々です。

【お盆の流れ】
ここでは一般的なお盆の過ごし方の一例を紹介します。


お盆の細かな風習は、地域などにより異なりますが、
ご先祖様への供養の気持ちは、古くから変わらず今に受け継がれています。

私たちも、お盆の期間は改めて、
今、ここにある生の源であるご先祖様に、感謝の気持ちを伝えたいと思います。

皆様も、良いお盆をお過ごしくださいませ。

コロナ禍により、変わる通夜振舞い


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、
不要不急の外出自粛が緩和されましたが、
お葬式への影響は、まだまだ続いています。

中でも「通夜振舞い」は、どのようにするべきか、
お客様からご不安の声をお伺いします。


通夜振舞い : お通夜でご参列皆様にお振る舞いするお食事

通夜振舞いは、お寿司を中心に煮物や揚げ物など大皿のお料理を皆様で囲み、
個々で取り分けて召し上がっていただくスタイルが一般的です。

感染予防の観点では、良くないとされるお食事方法です。

皆様をお手伝いする私たち葬儀社、
また、各市区町村が運営する公営斎場の多くが、
お客様の安全のため、出来る限り避けていただきたいと考えています。

このような現状から、多くのお客様が、
通夜振舞いを行わないご判断をされています。

 

 

その場でお食事を召し上がっていただけない代わりに、
皆様に、お弁当をお持ち帰りいただくという方法があります。

しかし、この方法はいくつか欠点があります・・

まず、お弁当をいくつ用意すればいいか、数の予想が難しいところです。

例えば、ご参列の人数が予想より少なかった場合、
お弁当が余ってしまい、無駄になってしまいます。
逆に予想より多くの方がいらした場合、
数によっては急遽追加しても間に合いません。

また、これからの暑い時期に、お弁当をお渡しするのは難しくなります。
特に、遠方からお越しの方にお持ち帰りいただくのは、やはり心配です。

 

 

通夜振舞いの代わりとしてのお品物を、
「お香典返し」とは別にご用意して、皆様にお渡しします。

現在、弊社しおんでは、こちらがいちばんお客様に選ばれている方法です。

返品や追加が可能なので、お客様のご負担も減り、
遠方からお越しいただいた方、また、暑い季節も安心してお渡しできます。

 

 


コロナ禍において、お葬式のかたちも変わりつつあります。
しおんは、今後も現状把握に努め、
様々なお葬式の情報をご提供していきたいと思います。

 

ご質問・ご不明点など、しおんのフリーダイヤルまで
お気軽にお問合せください。

 

感染予防の取り組み

カテゴリー:しおんからのお知らせ



しおんでは、お客様とスタッフの健康と安全のため、
新型コロナウイルス感染症予防の対策を徹底しております。


しおんのスタッフは、常に業務中のマスク着用を義務付けています。
また、手指等と、パソコンや携帯電話などの個々の持ち物は、
アルコールによる小まめな消毒を徹底して行っています。


しおんでは、政府の緊急事態宣言に伴いテレワークを実施しました。
解除された現在も、出来る限りのテレワークを継続しています。

無理をして出社する必要のない場合や、
スタッフ同士が対面で行う必要がない業務は自宅で行うようにして、
日常から感染予防を心がけています。

しおんのテレワーク


お葬式の会場には消毒液を設置し、お越しいただいたご参列皆様へ、
手指等の消毒のご協力をお願いしております。


人と人が対面するかたちになってしまう受付のカウンターは、
ご葬儀の規模に合わせ、ビニールシートで間仕切りを設置します。


会場内の椅子は、一定の間隔を空けて設営します。
ご参列皆様には、なるべく離れてお掛けいただくようご案内いたします。


スタッフが葬儀会場、控室など、お客様に触れる部分を、
消毒液を使い小まめに除菌、拭き取りを行います。


新型コロナウイルスに対してのご不安、
この時期のお葬式について、お悩みの方、

しおんは、各自治体の要請やお客様のご事情など、
様々なことを考慮した上で、慎重にご提案いたします。

ご相談、ご質問は、しおんのフリーダイヤルまでお問合せください。
24時間いつでもお伺いいたします!