お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

しおんの一日葬 (2020年1月大和斎場) 

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬


大和斎場にて一日葬のお手伝いをさせていただきました。

「一日葬」とは、お通夜を執り行わなわず、一日のみで行うお葬式のかたちです。
菩提寺様がいらっしゃる場合はご理解いただくことが必要です

t241

この度は、ご家族のご希望で、お身内の方だけで式場に集まり、
故人様を囲んでいただく「お別れ会」のようなスタイルで執り行いました。

t242

故人様のお棺を式場の中央にご安置し、
常設の白木祭壇には、ご家族が選んだ故人様の笑顔のお写真、
そして、生花をきれいに彩りました。

t423

t424

お集りいただいた皆様は、式場内で故人様との最期のお時間を自由に過ごされました。

近年、様々なかたちのお葬式が増えていますが、
儀式的なことは行わず、ただ故人様のそばにいてあげる、
こんなかたちも、故人様と最期のお時間を過ごす「お葬式」のかたちの一つですね。

t245

この度は、弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

今後も、ご家族の考えるお葬式を、様々なかたちでお手伝いさせていただきたいと思います。

 

【しおんの一日葬プランのご案内】

「お葬式のしおん」では、必要なものがセットになった、
わかりやすい内容のプランでお手伝いしております。
1day

ご相談・ご質問は、しおんのフリーダイヤルまでお問合せください。

専門のスタッフが24時間365日お伺いしております。

しおんの家族葬 (2020年1月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 家族葬


大和斎場にて家族葬のお手伝いをさせていただきました。

この度は、ご家族ご親戚と生前お世話になった方々の少人数のお葬式のご依頼でしたので、
「しおんの家族葬プラン」をご案内しました。

h1

大和斎場には、このような白木の祭壇がありますが、

y1

この度は、少しでも多くのお花に囲まれてほしいというご家族のご希望で、生花の祭壇を飾りました。

h2

ピンク色のバラの花がポイントの、愛々しく明るいイメージの生花祭壇です。
後ろの紺色の屏風が、バラの色をさらに引き立ててくれています。

素敵な生花祭壇の仕上がりに、ご遺族の皆様もとても喜んでくださいました。

 

こちらは、故人様のお写真や生前のご愛用品などを飾った「思い出コーナー」です。

y2

来ていただいたご親戚やご友人に、すぐに見ていただけるよう、式場入口の正面に設営しました。

o1

式の前後のお時間には、こちらのスペースで故人様の生前のお写真をご覧になり、
皆様でご愛用品のエピソードなどをお話しする場面がありました。

o2

「思い出コーナー」は、生前の故人様の紹介だけでなく、思い出を語り合える空間でもあります。
皆様で故人様の思い出をお話されるお時間も、お葬式の中の大切なお時間ですね。

 

大切なご家族のご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

喪中のお正月


本日1月7日で、松の内といわれている期間が明け、
今年もお正月というイベントが終わりを迎えたように感じます。

改めて、本年もお客様のお力になれるよう尽くしていきたいと思います。

y8

葬儀社という仕事上、昨年私たちがお手伝いさせていただいたお客様は、
この最初のお正月を喪中に迎えています。

今回は、喪中に迎えるお正月についてのブログです。

 

m5
m8
そもそも「喪中」とは、近親者が亡くなった際に一定期間、喪に服すことをいいます。

m6

喪中に迎えるお正月は、門松やしめ縄、鏡餅などのお正月飾りはしないで、
初詣や年賀の挨拶なども控えるのが一般的です。

 

m9
また、喪中は年賀状を送らないのが一般的です。
そこで、年賀の欠礼をお詫びするはがきを11月中には先方に届くように送ります。

mo11

年末のご不幸で、はがきが間に合わない場合は、
年明け7日過ぎに寒中見舞いを兼ねてお詫びのはがきを送るといいでしょう。

宗教・宗派、地域により異なります

 

m10
m12
喪中は、明治時代の太政官布告による制定により根付いたそうです。
現在、法律や細かい決まりはありません。

しおんのお客様の中には、喪中でも「お正月がないのは寂しい」と、例年通り過ごされるという方、

また、亡くなった方がお好きだったおせち料理を、
ご供養の気持ちを込めて、あえて食べるというご家族もいらっしゃいました。

そんな過ごし方も決して「間違い」では、ありません。

m11

このように柔軟に考える方が増えている一方で、
根付いた日本の伝統を重んじている方もたくさんいらっしゃいます。

明確なルールがないので迷うこともありますが、
亡くなった方を想う方々、ご家族皆様のお気持ちを大切に、
喪中を過ごしていただくのが一番なのかもしれません。

m13

 

 

その他、「喪中」の一般的な過ごし方や豆知識を、
【よくある質問】ページの【葬儀後について】に掲載してあります。

ぜひ、ご参考くださいませ。

 

本年も、しおんのスタッフは葬儀の伝統を大切にしつつ、
お客様にご満足いただけるよう柔軟なご提案を心がけ、しっかりとサポートいたします。