海老名・大和・座間・綾瀬で葬儀・家族葬ができる葬儀社

はなでか社長のひとりごと

お葬式のあるある。なぜ担当者が代わるのか?

カテゴリー:

我々葬儀社は「商品を売る小売業」ではありません。もちろんお葬式に欠かせない棺やお遺骨容器、お花や返礼品を販売しておりますが、業務の本質は皆様のお葬式へのご要望に添ったご提案、アドバイスを提供するサービス業です。

その担当者が培ってきたノウハウがお葬式の質を左右すると言っても過言ではありません。とはいえ経験の浅い担当者ではダメという訳ではありませんし、逆に熟練の担当者が良いとも言えません。大切なことは「ご要望に添った適切な提案ができるのか」に尽きます。

 

そんな担当者が途中で代わるとどんなミスが起こる得るのでしょうか?

担当者同士の引き継ぎはご遺族さまのご要望を書面で記して対話で伝えます。ご遺族さまとの打合せを録音している訳ではないので一言一句、引き継ぐことは不可能です。どうしても主要な部分だけを切り取ってしまいます。ご遺族さまとの些細なやりとりで感じ取った想いは、ひとりの担当者の主観でしかありませんので、新しい担当者に引き継ぐことも難しいものです。と言うことは引き継ぎが前提のご提案しか出来なくなってしまいます。その会社で決めている引継ぎルールに沿ってしまっては細やかな気配りは出来ないものです。

もちろん新しい担当者はご要望に添って精一杯お手伝いしてくれるはずです。誰しもがご遺族を失望させたくはありません。ご遺族皆様から「ありがとう」とお褒めいただきたいのです。ですがどうしても引継ぎが生じてしまう場合もあります。

担当者が代わってしまう理由は「働き方」の変化です。多くの従業員を抱える葬儀社では「日勤」と「夜勤」に分かれています。夜間に対応した担当者は翌朝に引継ぎをします。葬儀の日程や公休日を調整して担当者を選出しなければなりません。どうしても引継ぎが必要になります。

逆に家族経営で規模の役員中心の葬儀社はそのような概念がないので自由に調整できます。ご臨終のお迎えから打合せを経て葬儀まで担当者が代わることなく一貫としてお手伝いできることが小規模葬儀社の強みでもあります。

 

ここからは私の経験談になりますが、数年前まで葬儀社はかなり拘束時間が長い職業でした。日勤からそのまま夜勤に突入し、翌日もそのまま日勤は当たり前の日常です。月間15日程度の当直を勤務するため会社に3泊4日を月間5回ほど繰り返す日々。そんな勤務時間中に対応させていただいたご遺族さまのお葬式も休日を返上し、可能な限り一貫してお手伝いして参りました。従業員も少なかったので月間の休日は3日取れるかどうか・・・一睡も出来ない夜もありましたがご遺族さまには関係ありませんし仕事も待ってくれません。いま思えばよく事故がなかったなと不思議なくらいでしたが、多くのお葬式をお手伝いすることも出来ましたし、日々充実していたと感じております。

働き方が変わって良かったのか、悪かったのか・・・

 

 

素晴らしき日本の秋

日本語には四季折々の素晴らしい表現がございます。「暑さ寒さも彼岸まで」

もう間もなく秋のお彼岸入りです。期間は9月23日の「秋分の日」を中日に前後3日間がお彼岸です。9月20日が「彼岸入り」26日が「彼岸明け」です。日頃からご先祖さまを大切になさっておられる方にはこの7日間が特別という訳ではありませんが、日本古来の大切な風習に習い私もお墓参りに行こうと思います。

ところで4ヶ月ほど前に「田植え」について書きました。毎朝の通勤途中の田んぼを眺めてまいりましたが、いよいよ収穫が迫ってまいりました。

青々とした稲穂が顔を出し始めたと思っていたら、あっという間にここまで成長しました。この4ヶ月間、生産者さん達の努力と愛情をいっぱい受けて、雨の日も風の日も乗り越えて来たのかと思うと涙が出ます。(年々涙脆くなって行く私)

「実るほど 頭が垂れる 稲穂かな」とことわざにございます。「立派な人ほど謙虚な姿勢である」稲が成長すると実を付け、その重みで実(頭)の部分が垂れ下がってくる。立派に成長した人間、つまり人格者ほど頭の低い謙虚な姿勢であるという稲と稲穂を成長していく人間に例えていることわざです。

幾多の困難な時代を生き抜いて来られたご年配の皆さまから見れば、私はまだまだ「苗」かもしれません。人生を語れる人格者ではありませんが「苗」は皆さまのお力添えがなければ枯れてしまいます。立派な稲穂を実らせることが出来るようお見守りいただけると幸いです。

 

「頑張ろう!」 と 思う瞬間

カテゴリー:

朝まで続いた雨も上がって清々しい天気になりました。これで大気中のウイルスも洗い流されたことでしょう!緊急時短宣言は延長されると決まったようですが、今日も元気に自粛しましょう。

昨日は嬉しい事がありました。先日お手伝いさせていただきましたご家族が、わざわざ事務所まで「お菓子の差し入れ」を届けてくださいました~!「お世話になりました」とか「助かりました」と、お言葉をいただくだけでも嬉しいのですが、お菓子までいただけるなんて・・・こちらこそお手伝いさせていただけて光栄です。スタッフたちと美味しくいただきました。

 

 

 

 

故人の想いを聞けたなら

カテゴリー:

昨年11月の大統領選挙から不正な投票でもめていたアメリカ大統領選挙。アメリカ国民が完全に分断されてしまいしたね。結果はバイデン氏が新大統領が就任となりましが、就任後さっそくWHOの脱退を撤回。トランプ前政権の方針を覆す姿勢をみせましたね。アメリカファーストから国際協調路線にシフトすることで、これからの世界の動向に注目していく必要がありますね。

そんな政治の話は「無知でアホな私」が取り上げていい話題ではないので、葬儀社らしい「コロナ禍で加速するお葬式自粛」について感じることを書いてみます。

コンサートやパーティー、成人式、結婚式など様々なイベントが自粛や延期する中で、お葬式だけは延期できません。コロナ禍でも毎日大勢の方がお亡くなりになります。その人その人によってご親戚の人数、ご友人の人数は違いますが、明らかに小規模化していると実感します。火葬場に来るご遺族・ご親戚も以前はマイクロバスに乗って20~30人集まることは普通の光景でしたが、現在では少人数です。感染防止対策から見れば大人数で集まることは出来るだけご遠慮ください。となります「日本人の他人を思いやるマナー」は素晴らしいな、と思う所ではありますが、本当はお骨上げまで見届けたかった人が辞退したのではないのだろうか。とも思います。受験を控えたお孫さん、高齢で基礎疾患がある親戚、県外の移動を自粛している知人など、そのお気持ちをお察し申し上げます。

故人はどう思っているのでしょう?「危ないから来なくていいよ」と仰っているのでしょうか。または「最期はみんなに会いたかったな」と思っていらっしゃるのでしょうか。そんな故人の想いを聞けるアイテムがあるといいのに・・・

コロナ禍でも参列を恐れないで!

カテゴリー:

昨日は新型コロナ新規陽性者数が全国で3,000名も確認されてしまいましたね。その大半は軽症とはいえ心配になる人数です。これまでにお亡くなりになってしまった方も2,500名を超えてしまいました。患者さんはもちろん、ご遺族の無念を考えると・・・心よりお悔やみ申し上げます。

そんなコロナ禍でもお葬式は行われております。親戚であったり、親しい友人であれば参列したいことと思います。人が密集するとはいえ、それほど恐れることはありません。そんな葬儀会場の現状をお伝えしたいと思います。

① 受付で記帳する前に手指の消毒をしましょう。

もうどこの葬儀式場でも入口に消毒薬は当たり前になりました。自分自身を守ることが大切な人たちを守ることになります。当たり前な事を言ってスミマセン!

② 受付や記帳所

記帳用ボールペンはスタッフがこまめに消毒を実施しておりますが、見落としてしまい、全てを消毒できない場合もあります。気になるようでしたら自前のペンを用意すると安心です。普通のボールペンやサインペンで大丈夫です。受付でのお香典の受渡しはどうしても対面になってしまいます。下の図のように防御している会場もあります。無くてもマスクしていれば普通の会話くらい問題ないかと思います。

③ 式場

ほぼすべての葬儀会場の座席は間隔を空けてあります。お経をいただいている間はみんな喋らないので心配いりません。たとえるなら空いている電車みたいなものです。ただ適度な換気を行うため暖房効率が悪いので、じっと座っていると寒いと思います。会場によってはひざ掛けを用意しているところもありますが、そのたびに除菌はされていないでしょう。寒さが苦手なひとは対策をとっておくといいですね。

④ 通夜での会食

ご参列みなさまでお料理を囲むことは少なくなりました。変わりにお弁当をお配りしたり、それに変わるものを用意したり。少々味気ないかもしれませんが、ご遺族がご参列皆様の健康と安全を願ってのこと。しかし故人との思い出話や功績、家族の知らない故人の一面を食事しながら語り合うことが出来なくなってしまい、遺族としても淋しいことと思います。

⑤ まとめ

感染症の専門家でない素人の私ですが、誤解を恐れず申し上げると「お葬式に参列することは感染リスクは低い」と思います。私たち葬儀社仲間も毎日のように葬儀に携わっておりますが、まだ誰も感染確認の噂さえがありません。友人が勤める大型葬儀社はPCR検査を積極的に行っているそうですが、まだ陽性者はいないようです。火葬場のスタッフも毎日たくさんの人が往来しますが、やはり感染者はいません。もちろん気を抜いたらいけませんが、ご参列みなさまの感染対策の徹底、マナーやルールを守ってくださるからでしょうね。

感染を恐れすぎて大切な家族や親戚はもちろん、友人と会えないなんて悲しいことです。密集・密接・密閉を避けるようにすれば回避できると思います。