海老名・大和・座間・綾瀬で葬儀・家族葬ができる葬儀社

はなでか社長のひとりごと

初詣に参りました

今年の初詣は寒川神社さん。

毎年、初詣は自宅近所の氏神さまに決めておりましたが、厚木市と平塚市の友人との都合もあり今年最初の訪問は寒川神社さんになりました。どこの神社や寺院に出向いても「神様仏様はケンカしない」と伺っているので、たまには違う神社でもいいですよね。

1月の半ばの平日にもかかわらず賑わっていました。ここに集まった人たちそれぞれの想いが伝わるといいですね。

今年も新年早々に1都10県の「まん延防止等重点措置」が適応になりそうです。全世界共通の敵であるコロナウイルス。コロコロと変異を繰り返しおって!この難局を乗り越えた時、世界中の国々が協力しあい、差別や貧困も無くなって人々が争うことなく助け合い、心豊かに平穏な暮らしが待っている・・と思えば我慢できますかね。

 

今年の祈願

2022年も気持ち良い晴天で迎えることができましたが、昨年末から東北、北陸の広い地域で大雪被害が深刻な状況です。被災された多くの皆さまには心からお見舞い申し上げます。どうかお怪我なさらないように・・・この澄み切った青空がどれだけ恵まれていることか、平穏に暮らせることはどれだけ幸せなことだろうかと考えさせられます。

四季折々見せる風情が日本の美とはいえ、雨にしても雪にしても災害レベルになるまで降らなくてもいいじゃないですか!今年の初詣では「今年は平穏な日常を」とお天道様にお祈りしてまいりました。

火葬場のお正月休みも今日で終わり、我々葬儀社は今日から通常運転に戻ります。いままで以上に気を引き締め取り組んでまいります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

今年もありがとうございました

葬儀社は多くのスタッフや協力会社の力が無ければ何もできません。生花店や返礼品商社、仕出し料理屋さん、火葬場や斎場のスタッフと多くの人の協力の上で成り立っています。

たとえば祭壇を彩る生花はただ並べればいいというものではありません。熟練の技術がなければ祭壇は綺麗に仕上がりません。とはいえ生花が無ければ力を発揮できません。その生花は生花市場で毎日明け方に購入して来なければなりません。この寒い季節で布団から出たくないのに大変なことです。その生花市場に並ぶには生産農家さんたちの努力があります。ハウス栽培で気候に合わせた温度管理、少しの変化に対応できる管理がなければ立派には育ちません。その花の苗や種は立派に育つための品質管理、純粋さを守るための品種の保護に日々研究が行われています。

生花は生きています。よりスピーディーな運送のためには舗装された道路が必要です。道路建設業にどれだけ多くの人たちが汗を流しているか考えるとキリがありませんが、その道路を走る車両は自動車産業、その自動車を動かすためのガソリンや道路のアスファルトには原油が必要です。その原油をタンカーで産出国から運んでくる運輸業、そのタンカーを造る造船業や鉄鋼業。多種多様な企業の技術、働く人達の努力があり、かつ先人たちから脈々と受け継がれ蓄積されているノウハウがあるからこそ、私はいまお金を出せば品物を簡単に手に入れることができるのです。何か一つでも欠けてしまえばお金はあっても品物が入ってきません。生花店だけに限らず農作物、水産物、畜産物の食料品もちろん、全ての産業はこの当たり前の経済活動の上に成り立っています。

町で擦れ違う全く面識もない多くの人たちの努力が私の生活を支えてくださっている、私の小さな努力はきっと誰かの役に立っていると確信しております。どんなにお金を稼いでも、どんなに従順な部下が大勢いても絶対に一人で生きてはいけません。稀に攻撃的な凄惨な事件が起こってしまいますが、誰かを傷付けることは自分を傷付けると同意。ルサンチマンを捨て仲良く暮らしましょう。

今年の大イベント東京五輪の開催も緊急事態宣言下で賛否両論あり、盛り上がることなくパッとしない年になってしまいましたが、ここまで我慢したのですから新年は盛り返してまいりましょう!

いつもお力添えいただいてるご近隣の皆さま、葬儀協力会社の皆さま、まだお会いしたことのない皆さま、今年も本当にお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

 

今年もお世話になりました

2021年も残り2日となりました。皆様は新年を迎える準備は整われましたか?

おせち料理の準備やお正月飾りで近所のスーパーも大賑わい。コロナ禍を吹き飛ばすほどの勢いに明るい未来を期待してしまいます。昨年から続く厳しい情勢ではございますが、来年こそ良い年になることを願って止みません。

しおん事務所も大掃除を済ませました。元旦はシャッターを下ろしてスタッフ一同リモートワークにいたします。ただそれ以外にお正月の準備もありません。会社ってそんなものですよね。と思っておりますが、ちょっとだけ「お正月飾り」をします。

2022年の干支「トラ」をいただきました。

ご近所さんの手芸作品でミシンを使わずにすべて手縫いなんです。いつも弊社の事を気にかけてくださるお優しくて、可愛らしくて、穏やかな口調の女性です。我々スタッフやしおんの「 母 」のような存在の方です。そんなご近所皆様に支えられて今年も無事で過ごすことができました。

今年も大変お世話になりました。皆様よいお年を!!

私がブログを書く理由

皆さま、いつも「はなでか社長のひとりごと」を読んでいただいてありがとうございます。

私、はなでか社長こと吉村がこのブログを書き始めて4ヶ月ほど経過しました。しおんスタッフには不評でして・・「お葬式に関係のないどうでもいい記事は書かない方が良いのでは?」とか「社長の趣味や思想なんか誰も興味ないから止めるべき」など散々言われております。でも負けません!

私は「お葬式のしおん」という会社が人間が経営しているのか、どんなスタッフが担当するのかを解っていただければという思いです。葬儀屋なんて日頃から関わることが無いことです。関わる時は大切な家族が亡くなった時なんです。そんな大切なお葬式を葬儀屋に任せなければならないのに、営業マンの仮面を被っていては、信用して任せていただけないと思っております。決してふざけている訳ではありません。真剣に取り組んでおります。

「はなでか社長のひとりごと」を読んで、逆にしおんを選ばない方がいらっしゃったらどうしよう・・・(汗)