神奈川エリアの海老名市、大和市を中心に安心のご葬儀・家族葬をお手伝いいたします。

お葬式のしおんブログ

しおんの4コマ漫画 その17

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。

~前回の続き~

前々回 click ▶ ペットのきもち1
前回  click ▶ ペットのきもち2


お葬式をお手伝いさせていただく中で、
ご家族、いわゆる飼い主を亡くしたペットの子たちと何度かお会いしてきました。
その度に、ご家族からいつもとちがう行動をしたというお話を伺ったり、
私たちスタッフの前で、何か伝えたがっているような姿や、
ご家族を想う優しい姿などを見せてくれたりしました。

そんな大好きなご主人さまを先に亡くしてしまったわんちゃんやねこちゃんは、
一体どんな心境になるんだろうと、気になったので少し調べてみました。

動物の専門家の方のお話や記事によると、犬や猫には「死」という概念がなく、
ご主人が亡くなったことにより「もう会うことは出来ない」ということを
理解することは、なかなか難しいことだそうです。
ただ、「死」を理解しなくても、日常生活を過ごす中で、
ご主人が「この場にいない」ことを感じて寂しい気持ちを抱くことはあるそうです。

ご家族の一員として愛されているわんちゃんやねこちゃんたちは、
「死」ということを理解しなくても、他のご家族の言動や雰囲気から
何かを感じているのかもしれませんね。

最後に、そんなわんちゃんやねこちゃんへ
亡くなったご主人が天国で心配しないよう、
どうか、これからも前を向いて元気に生きてほしいと願っています。

 

しおんの4コマ漫画 その15

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。


ペットを家族の一員として、かけがえのない存在になっているご家庭はたくさんありますよね。
最近では「ペット」という呼び名をやめて、〝仲間〟〝伴侶〟の意味を持つ
「コンパニオンアニマル」と呼ぼうという動きもあるそうです。

私たちがお手伝いさせていただいたお客様の中にも、
わんちゃんやねこちゃんと一緒に暮らしているご家庭がたくさんありました。
どのご家庭の子もみんな、家族の一員として、とても愛されて暮らしていました。

そんな自分を愛してくれたご主人を亡くした悲しみは、
一緒に暮らしていたペットの子たちも、私たち人間と同じように感じているのかもしれません。
お葬式のお手伝いをさせていただいていると、
わんちゃんやねこちゃんたちが様々な表情を見せてくれます。

今回は、そんなご家族の優しいねこちゃんの4コマです。 🙂 

しおんの4コマ漫画 その14

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。

あわせて読みたい 🙂 
前回の4コマ漫画 ▶秋のお彼岸 1

関連記事 ▶知っておきたいお彼岸の豆知識


お彼岸のお供えといえば“おはぎ”ですよね。

お彼岸におはぎをお供えする理由は諸説ありますが、
小豆の赤い色には、魔除けの効果があると考えられていたことが有名な説です。
小豆を使ったおはぎは、邪気を払う食べ物として、
ご先祖様への感謝の気持ちと家族の健康を祈り、古くからお供えされてきたそうです。

そんな意味のある“おはぎ”
毎年お彼岸の時期になると、スーパーや和菓子屋さんで買っていましたが、
今年は自分で作ってみることにしました。
もち米、小豆・・
普段あまり使わない材料なので難しいかと思いましたが、
作ってみると思いのほか簡単に出来ました。

来年のお彼岸は今年より上手に作って、ご先祖様に喜んでもらいたいと思います!

みなさまも、よいお彼岸をお迎えください。

しおんの4コマ漫画 その13

カテゴリー:しおんの4コマ漫画

日常や業務中の出来事など
弊社しおんのアレコレを4コマでつづったブログです。

関連記事 ▶知っておきたいお彼岸の豆知識


もうすぐ秋のお彼岸の季節ですね。
この時期にあわせてお墓参りされる方も多いのではないでしょうか。
筆者も先日、少し早めですがお萩を持ってお墓参りに行ってきました。 🙂 

お彼岸の中日「秋分の日」は、昼と夜の長さが同じになる日で、
太陽が真東から昇り、真西に沈みます。
仏教では亡くなった人々の世界は西の彼方にあると考えられているため、
一説によると太陽が真西に向かうこの日は、
私たちがご先祖様に最も近づける“特別な日”なんだそうです。

長引くコロナ禍で、思い通りにお墓参りに行けないことも多い状況ですが、
今いる場所から、ご先祖様に想いをはせるのもいいかもしれません。

秋分の日は、太陽が沈む西の空に気持ちを込めて手を合わせたいと思います。