海老名市、大和市、座間市、綾瀬市の葬儀・火葬・家族葬。

お葬式のしおんブログ

リベルタに掲載いたします。

カテゴリー:しおんからのお知らせ

こんにちは。

今月16日の大和・海老名版の地域情報誌「リベルタ」さんに掲載いたします。

この度の広告は「大和斎場の家族葬」をテーマにしました。

お葬式にご不安を抱いている方のご参考になればと思います。

rive1

 

公営の大和斎場を利用したお葬式はしおんにお任せ下さい。

しおんでは〝費用のこと〟〝いざという時の対処のこと〟など、
さまざまな視点からお葬式を考え、お手伝い致します。

お葬式のこと「全くわからない」また「経験がない」という方も、
安心していただけるよう、より良いお葬式をご提案いたします。

rive4

 

資料の郵送も承っております。

↓   ↓   ↓

rive3

大和斎場でのお葬式にかかる費用の内容が分かりやすく載ってます!

ご質問やご相談も24時間365日いつでもお気軽にお問合せ下さい。

愛川聖苑の紹介

カテゴリー:斎場の紹介

こんにちは。

今日は、愛甲郡愛川町にある「愛川聖苑」をご紹介いたします。

写真23【外観】

「愛川聖苑」とは、愛川町にお住いの方が優先的に利用できる、
葬儀式場と火葬場が併設された公営の施設です。

 

【所在地:愛甲郡愛川町棚沢941番地の1】

住宅街から少し離れているため、とても静かな環境です。

aikawa1

 

【駐車場】

施設にはとても広い駐車場が完備されています。
最寄駅の「本厚木駅」から距離があるので、お車でのご来場が便利です。

写真24【駐車場 230台】

 

【式場ロビー】

大勢の参列者にも対応できる広いロビーです。

ai4

 

【式場】

葬儀式場は立派な白木祭壇が常設されています。
こちらの白木祭壇は無料で利用できますので葬儀費用を抑えることができます。
(式場利用料に祭壇の利用料も含まれています)

ai5

神奈川県内の公営斎場で祭壇が常設されているのは、大和斎場と愛川聖苑の2か所だけです!

 

【遺族室】

ai6

 

【利用料】

愛川町にお住いの方は、お通夜と告別式の2日間100,000円で利用できます。

aikawa2

 

公営の斎場は、火葬場が併設されているので、
ご葬儀の中での移動が少なく、そして低価格で利用することができます。

「愛川聖苑」は、祭壇など設備が整っているため、費用を抑えたご葬儀が可能です。

愛川町でご葬儀をお考えの方は、式場の予約から全てしおんがお手伝い致します。

aikawa3

しおんでは、お葬式をお考えの皆様に事前相談や事前見積りをおすすめしております。

また、出張相談も承っております。もちろん相談は無料です。

お気軽にお問合せ下さい。

お客様アンケート

弊社では、スタッフのサービスの改善、向上の為、
お手伝いさせていただいたお客様に、アンケートをお願いしております。

ご葬儀後のお疲れのところ、たくさんの皆様からご協力いただきました。

本当にありがとうございます。

an1

しおんでは、途中で担当者が代わることなく、
お客様の専任担当者が一貫してお手伝いをさせていただいております。

そのため、アンケートのご意見・ご感想は、お客様の評価であると、
スタッフ一人一人が、とても重く受け止めております。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

お客様のお声は、私たちの日々の「励み」です。

今後もいただいた貴重なご意見を無駄にすることなく、
お客様にご満足いただけるよう、努力してまいります。

パンフレットと資料請求

カテゴリー:しおんからのお知らせ

〝大和市・座間市・綾瀬市・海老名市の方の公営の施設〟
大和斎場を利用した「定額プラン」のパンフレットを作りました。

プランの内容と実際の流れ、葬儀費用についての詳しい説明などが、
わかりやすく載っています。

tei1

弊社スタッフたちの手作りです。

お気軽に、ご自由にお持ちいただけるよう、
弊社前に置かせていただいております。↓ ↓ ↓

tei2

teitei

しおんでは、資料の郵送も承っております。

お電話にて、お葬式に関してのご希望をお伝え下さい。

スタッフがご希望に添ってより良いお葬式をご提案いたします。

teitei

お見積り例など資料請求は下記フリーダイヤルまで

0120-400-593

24時間365日 お気軽にお問合せ下さい。

葬儀後の流れとアフターサポート

しおんでは「葬儀」の際のお手伝いだけでなく、
「葬儀後」のサポートも大切なお手伝いと考えております。

〝葬儀後のお手伝い〟のページでもご紹介させていただいておりますが、
ここでは代表的な「葬儀後の流れ」と「しおんのお手伝い」を時系列でご紹介します。
(仏式の一般的な流れです。宗派・地域により異なります。)

無題

葬儀後の手続きや、必要となるものは、宗派やご遺族のお考えにより様々です。

しおんでは、ご負担が少しでも軽くなるよう、
お一人お一人のご要望やご予算に応じてお手伝いいたします。

 

ご相談、ちょっとしたご質問も、24時間受け付けております。

 お気軽にお問合せ下さい。

dennwa

葬儀後のご供養・法要もお手伝いします

弊社では、アフターサービスの一つとして、
葬儀後のご供養・法要などのお手伝いをさせていただいております。

先日、昨年ご葬儀を終えたお客様の、一周忌法要のお手伝いをさせていただきました。

he

【こちらは、法要に来ていただいた方にお渡しするお礼のお品物です】

喪主の方に、お好きな種類、金額など、カタログの中から選んでいただき、
ご挨拶状を添えたものを準備させていただきます。

sougigo

手続き・仏壇・お墓・・・ この度のような「法要の準備」など、
ご家族は葬儀後も、やらなければならないこと、考えなければならないことが、たくさんあります。

 

しおんでは、そんな葬儀後のサポートも大切に考えております。

葬儀をお手伝いさせていただいた専任の担当者が、
葬儀後も代わることなくお客様の窓口となり、
ご希望に応じてサポートさせていただいております。

 

葬儀が終ったから、そこで終わる担当者ではなく、
何か必要なことがあれば、ご連絡をいただける担当者になれる様、
また、お客様に葬儀後のことも安心していただける様、
今後もスタッフ一同、心掛けてお手伝いさせていただきたいと思います。

1-2

事前相談おすすめします。

弊社では、安心してお葬式を迎えていただくために、日々、事前相談を受け付けております。

お手伝いさせていただいた弊社のお客様の中でも、事前に相談を行っていた方は、
皆様「やっておいてよかった」とおっしゃっています。

お葬式を考える上で、事前相談を利用することは〝メリット〟しかありません。
そんな〝事前相談のいいところ〟を、4つにまとめてみました。

jizen1

お葬式は、様々なやり方がありますが、その提案の仕方や、段取り、かかる費用、
葬儀後のアフターサービスなど・・ 葬儀社により様々です。

二度とやり直せないことだからこそ、ご希望に近づく様、
また葬儀社の比較、検討のため是非、事前相談をご利用いただければと思います。

 

 

jizen4

jizen5

 

しおんでは、少しでも安心して事前相談をご利用いただくため、
ご相談のお客様と、3つのお約束を致しております。

jizen6

葬儀のこと、まったくわからなくてもご安心下さい。

専門のスタッフが24時間365日お伺い致します。

下記フリーダイヤルまでお気軽にお問合せ下さい。

0120-400-593

 

大和斎場の家族葬 (2017年10月)

カテゴリー:実績, 業務日誌

大和斎場にてお葬式のお手伝いをさせていただきました。

この度は、ご家族だけで執り行いたいとのご希望により、
会社関係の方やご友人のご参列をお断りさせていただきました。

a1

式場の祭壇を彩る生花のデザインと色味は、喪主を務められたご長男のご希望に添って、
明るく、様々な色のお花を取り入れて作っていただきました。

壇上の端までお花でいっぱいです。

a2

a3

 

こちらはお食事のお席の写真です。

a4

式場のお隣の和室で、ご家族でゆっくりと召し上がっていただきました。

お身内の方だけで気兼ねなく最期のお別れのお時間を過ごすことが出来るのは、
『家族葬』が選ばれる理由の一つです。

 

「後悔しない様、しっかりと送ってあげたい」
そうお話しされていた、ご長男の想いがたくさんつまったお葬式でした。

大切なお葬式を弊社にてお手伝いさせいただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

いばらの道

先日お手伝いさせていただいたお葬式のことです。

お打合せの際、喪主を務める奥様から、
「バラの花で祭壇を作ってほしい」というご希望をいただきました。

亡くなったご主人が、バラの花が大好きだったそうです。

b1

しかし翌日、奥様から「祭壇を変更してほしい」と、ご連絡が入りました。

バラで祭壇を作ることを、ご親戚から反対されたというのです。
「トゲがある」「いばらの道」などの言葉から、
「葬儀には、ふさわしくないのではないか」という理由からでした。

祭壇は菊の花を中心としたデザインに変更になりました。

b2

ご親戚の手前、祭壇は変更になりましたが、バラはご主人が大好きだったお花です。
スタッフはバラの花を一輪だけ用意しました。

そして、お通夜の日、皆様がお帰りになった後、奥様だけ会場に残っていただいて、
そっと、ご主人の眠るお棺の、お布団の中へ添えていただきました。

ご主人と奥様、ご夫婦二人きりのお別れの儀式です。

b3

誰にも内緒で、そっとバラの花を添えている奥様のお姿は、
まるで、好きな男の子の机の中にバレンタインチョコを入れる少女の様でした。

「葬儀にふさわしくない花」は、それでも「ご主人が大好きな花」である様に、
モノの価値や考え方は、人によって全く違っていて、
〝葬儀の中で優先するべきもの〟と、〝大切なもの〟は何かを、この奥様から学びました。

b4

苦難や困難の多い状況を例える意味の「いばらの道」

どんな道でも、

それは、

ご夫婦二人で、共に歩んできた道なのだと。

 

家族葬と一般葬の違い 2

前回「家族葬」と「一般葬」の〝違い〟をご紹介させていただきましたが、
今回はそれぞれ、お客様の感想の〝違い〟を、ご紹介致します。

ご葬儀を終えたお客様から、私たちが一番よく伺うご意見をまとめてみました。

必ず皆様に当てはまるとは言えませんが、ご検討いただく上でご参考になればと思います。

chigai12

「家族葬」と「一般葬」どのご意見が〝メリット〟か〝デメリット〟かは、
お一人お一人の環境や、葬儀に対してのお考えにより、様々だと思います。

弊社でお手伝いさせていただいた、ほとんどのお客様が、
「どんなお葬式にするべきか・・」と、はじめは悩んでいます。

滅多に経験することではないので当然です。

しおんは、そんなお悩みも含め、お手伝いさせていただきます。

chigai13

 

様々な形式のお葬式がありますが、どんなお葬式でも、
お客様に「これでよかった」と、ご満足いただけることが一番大切です。

ご相談は下記フリーダイヤルまで、どうぞお気軽にご連絡下さい。

chigai11