海老名市、大和市、座間市の葬儀社・家族葬。

お葬式のしおんブログ

骨壺の選び方 2

ご火葬後、故人様のお遺骨を収める「骨壺」

ひと昔前は、白い無地のものが殆どでしたが、
最近では、絵柄が入ったものなど、様々な種類から選んでいただけるようになりました。

k221

もちろん、シンプルなものを好まれる方はたくさんいらっしゃいますが、
より、故人様らしいものをお求めになる方が増えているように感じます。

 

k224

骨壺の種類は本当にたくさんあり、悩まれる方が多いですが・・

その中で、故人様らしいものをお考えの方に、
他にはない骨壺として人気なのが「名前の彫刻」です。

k222

ご趣味やお好きだった色や季節など、イメージに合った絵柄の骨壺をお選びいただき、
そこにお名前を刻むと、故人様のための、たった一つの骨壺になります。

消えることのない刻まれた文字は深みがあり、仕上がりはとても綺麗です。

k223
( ↑ 他にも様々な絵柄からお選びいただけます)

お名前の刻字は、デザイン性のことだけでなく、
「この壺は〝誰のもの〟か、すぐにわかるように」と、
先々のことをお考えの上で、ご依頼いただく方も多いです。

k21

骨壺は、お葬式が終わり、ご自宅に帰り、その後ご納骨でご自宅を離れても、ずっと残るものです。
そんな「ずっと残る骨壺」に、少しこだわってみるのも素敵ですね。

 

最後に、実際にお手伝いさせていただいたご遺族の中での、個性的な骨壺を紹介します。

 

k225

そもそも骨壺は、お遺骨が十分に収まる容器で納骨に支障がなければ、どんな器でもいいのです。
もちろん葬儀社から購入せずに、ご自分で用意しても問題ありません。

あるご遺族は、ご趣味の陶芸で故人様のために手作りの骨壺を用意されました。

tubo2
※各市区町村の条例や火葬場により異なる場合があるため、事前に確認が必要です

お身内の方の手作りの壺はとても素晴らしいもので、
市販の品にはない、人の手の温かみに溢れた、言葉にできない魅力がありました。

 

k226

また、あるご遺族は「自分たちの手で骨壺に描きたい」というご希望から、
真っ白な骨壺に、家族みんなで故人様へのメッセージを書くことになりました。

カラフルな色の手書きの文字やイラストは、
なんだか「骨壺」ということを忘れてしまうようなハートフルな作品でした。

tubo3

ご家族の愛情がこめられた骨壺は、故人様もきっと喜んでくれているでしょうね。

 

骨壺の選び方

ご火葬後、故人様のお遺骨を収めるための器のことを「骨壺」といいます。

お葬式では必ず使うものの一つですが、大きさ、材質、デザインなど・・ たくさんの種類があります。

どんなものを、どのように選んだらいいのか?
今回は「骨壺」の〝選び方のコツ〟を、紹介したいと思います!

 

ko1

骨壺の大きさは「寸」という単位が使われています。
(1寸 = 約3㎝)

大きさの種類は、小さい2寸のサイズ~ 約9種類ほどあります。

関東では直径7寸(約21㎝)のものが主流です。

k3

 

ko2

東日本は7寸が一般的ですが、西日本では7寸より小さい6寸~3寸の骨壺が多く使われています。

k4
※各市区町村の条例、地域や宗教などにより異なります

これは、収骨の習慣が違うためです。

東日本では、お遺骨を全て骨壺に収めますが、西日本ではお遺骨の全てを収めず、
部分的に収骨する習慣があるため、東日本に比べて骨壺が小さくなります。

k8

 

 

k9

【1.西日本のお墓に納骨する場合】

地域による収骨の習慣の違いにより、お墓のお遺骨が入る場所(カロート)が、
東日本と西日本では違う作りになっていることが多く、
西日本のお墓では7寸の骨壺に対応していないことがあります。

k6

ご納骨の際に、骨壺が大きくて「お墓に入らない」なんてことがないよう、
西日本のお墓にご納骨することが決まっている場合は、事前に確認しておくことが大切です。

 

【2.合祀墓、納骨堂に納骨する場合】

「多数のお遺骨と合同で供養していただくお墓に埋葬する」
また、「納骨堂に安置する」など、個人のお墓を持たない方も増えています。

k7

合祀墓や納骨堂の場合、骨壺の大きさにより、供養料・納骨料が異なることがあるので、
ご予算に応じて骨壺の大きさを考えたほうがいいですね。

こちらも事前に確認しておくことが大切です。

 

 

k13

【デザイン】

白いシンプルなものが主流でしたが、現在では様々なデザインのものがあります。
しおんでも、様々な種類の骨壺をご用意しております。

最近では、無地のものより、少し絵柄が入ったものを好まれる方が増えています。

こちらのお花柄は、人気のデザインです。

k12

他にも、たくさんのデザインがあります。

 

【材質】

骨壺の材質は、最も多いのが「陶磁器」です。

関東では一般的な7寸の骨壺の場合、陶磁器が殆どですが、
「石」も、昔からある材質の一つです。

中でもこちらの「大理石」は、石の中でも有名です。とても重厚感がありますね。

k13

陶磁器は、絵柄装飾が豊富で、様々な色彩やデザインから選べるのが特徴です。

石の骨壺は、陶磁器に比べて重いので、取り扱いに注意が必要ですが、
耐久性・通気性に優れているといわれています。

 

k15

 

骨壺を選ぶ際の〝基準〟は、皆様それぞれですが、
まずは、故人様の地域や宗教の習慣に合ったものを選んでいただくことが大切です。

そして何より、故人様だけでなく、ご遺族皆様もご納得のものを見つけていただきたいと思います。

 

ざっくりとした説明でしたが・・「さらに詳しく」「不明点」「ご相談」は、
しおんのフリーダイヤルまでお願いします。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

denwa

葬儀後もお手伝いします

近親者が亡くなると遺されたご家族は、
お葬式が終った後もやらなければならない手続きがたくさんあります。

 

【葬儀後の手続きの例】

tetuduki
↑ 基本的な手続きの一例です。ご遺族により異なります。

 

しおんでは、少しでもご家族のご負担が少なくなるよう、
葬儀後もご希望に応じてお手伝いしております。

 

【葬儀後の流れの例としおんのお手伝い】

nagare

葬儀後、必要になることは、宗教やご遺族により異なりますが、
お一人お一人の環境やご要望に合わせアドバイスいたします。

どうするべきか悩んでいること、ちょっとしたご質問も、お気軽にどうぞ。
何かお役に立てることがあるかもしれません。

dennwa

お電話でのご相談は24時間365日受付けています。

 

after

しおんは、お葬式が終ったらそれで〝終わり〟ではなく、その後も何か必要なことがありましたら、
気軽に何でもご相談いただけるような担当者を目指しております。