神奈川エリアの海老名市、大和市を中心に安心のご葬儀・家族葬をお手伝いいたします。

お葬式のしおんブログ

知っておきたいお彼岸の豆知識

9月に入り、秋のお彼岸の季節がやってきますね。
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、厳しい残暑も終わりになる時期です。

今回の「豆知識ブログ」は「お彼岸」について、
由来やお供え物の意味などもあわせてご紹介していきたいと思います。

 ~ 目次 ~ 
・お彼岸の期間
・そもそもお彼岸とは何?
・お彼岸の期間は何をする?
・お供えの「おはぎ」と「ぼたもち」の違い
・なぜ「おはぎ」「ぼたもち」をお供えするの?

 

お彼岸の期間は、春と秋の年に2回です。
毎年、春は「春分の日」、秋は「秋分の日」を中日として、
その前後3日間を合わせた7日間がお彼岸の期間です。

今月の秋のお彼岸の期間がこちらです。

そもそもお彼岸の「彼岸」とは仏教の言葉であり、
三途の川の向こう側のご先祖様の世界を「彼岸」
私たちが今生きている世界を「此岸」(しがん)といいます。
彼岸は「西」此岸は「東」に位置するとされています。

お彼岸の中日とされる春分の日と秋分の日は、昼と夜の長さがまったく同じになる日です。
この日は太陽が真東から昇り、真西に沈むので、
ご先祖様の世界の「彼岸」と、私たちが生きている世界の「此岸」が、
〝もっとも通じやすい日〟だと考えられ、この時期にご先祖様を供養するようになったといわれています。
諸説あります

一般的にはお墓参りなど、ご先祖様のご供養をします。

お彼岸には決められた行事などはありませんが、
ご先祖様がもっとも近く「私たちの想いが通じやすい日」という考えから、
お彼岸に合わせてお墓参りをする習慣が根付いたといわれています。

多くの寺院では彼岸法要が営まれています。

お彼岸の時期はお墓や仏壇に、ぼたもち・おはぎをお供えする習慣が多く見られます。
お彼岸といえば「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、それぞれ何が違うのでしょうか?

名前が違うので違う食べ物かのようですが、この2つは特に違いはなく、
“食べる時期”により、名前だけが異なるそうです。

「ぼたもち」「おはぎ」を、それぞれを漢字にすると、
「牡丹餅」「お萩」と書きます。
一説によると、これは春のお彼岸の時期に牡丹の花が咲き、
秋のお彼岸の時期に萩の花が咲くことが由来といわれています。


地域や宗派、ご家庭により異なります

あんこに使われる小豆の赤い色には、古くから魔除けの効果があると信じられていて、
「邪気を払う食べ物」として、お供えされてきたそうです。

また、種をまく季節である春と収穫の季節である秋に小豆を食べて
食物の成長を祈ったといわれています。
諸説あります

お彼岸のお供えには、自然の恵みとご先祖様への感謝の意味があったのです。


「春分の日」と「秋分の日」はそれぞれ
〝自然をたたえ生物をいつくしむ日〟
〝祖先をうやまい亡くなった人々をしのぶ日〟
として、国民の祝日に制定されています。

かつての人々は生活の様々な場面で、命の源である自然の恵みに感謝する風習があったようです。
「お彼岸」も、昔から受け継がれてきたそんな風習の一つなのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました。
皆さまも、よりよいお彼岸をお過ごしくださいませ。

 

知っておきたいお盆の豆知識

今年もお盆の季節がやってきました。
今日からお仕事が「お盆休み」に入る方も多いのではないでしょうか。 🙂

お盆は1年に1度、ご先祖様がご家族のもとに帰ってくるといわれています。

今回の「豆知識ブログ」は、「お盆」についてご紹介していきたいと思います。

  ~ 目次 ~  
・お盆の期間は?
・7月と8月の違い?
・お盆の由来
・お盆の語源
・お盆は何をする?

お盆の期間は、地域により違います。
全国的に8月が多いですが、7月がお盆の地域もあります。
東京と、金沢、函館の一部の地域では7月に行われていることが多いようです。

7月のお盆 → 新のお盆・新盆
8月のお盆 → 旧のお盆・旧盆
と、呼ばれています。

かつて、お盆の期間は7月だったのですが、明治時代の改暦により、
8月に行われる地域が多くみられるようになりました。

また、7月は農繁期で忙しいため、
1か月遅らせて8月に行うようになったといわれています。


諸説あります

お釈迦様の弟子が7月15日に霊を供養したことが、
お盆のはじまりといわれています。

~お盆の由来とされる言い伝え~
諸説あります

お盆の、もともとの名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)といいます。

サンスクリット語で「逆さ吊り」という意味の「ウラバンナ」
また、ペルシャ語で「霊魂」という意味の「ウラヴァン」
などからきた言葉だといわれています。

お盆は、ご先祖様を供養する期間とされています。
供養のお作法や期間中の過ごし方は、
それぞれの地域や宗教、ご家庭により様々です。

~お盆の流れ~
ここでは一般的なお盆の過ごし方の一例を紹介します。


お盆の細かな風習は、地域などにより異なりますが、
ご先祖様への供養の気持ちは古くから変わらず今に受け継がれています。

私たちも、お盆の期間は改めて、
今、ここにある生の源であるご先祖様に感謝の気持ちを伝えたいと思います。

皆様も、良いお盆をお過ごしくださいませ。


最後までご覧いただきありがとうございます!
ご質問やご不明点は、しおんのフリーダイヤルまでお問合せください。

24時間365日いつでも繋がります。 🙂
0120-400-593

死亡診断書と死亡届の手続き

死亡診断書 (死体検案書) とは、厚生労働省のマニュアルによると、
人の死亡に関する厳粛な医学的・法律的証明であり、
死亡者本人の死亡に至るまでの過程を可能な限り詳細に倫理的に表すものです。

と、されています。

端的にいいますと、死亡を証明する書類のことで、
人が亡くなられた際の手続きの始まりとなる書類です。

d3

今回は、お葬式を行うまでの「死亡診断書 (死体検案書)」と
「死亡届」の手続きについてお話ししたいと思います。

~目次~
① 死亡診断書 (死体検案書) の発行
② 死亡届の記入
③ 死亡届の提出

死亡診断書(死体検案書)は、亡くなられた当日、または翌日に
死亡を確認した医師より発行されます。
交付は亡くなられた場所や原因により異なります。


病院で亡くなった場合、担当した医師から発行されます。


ご自宅にて療養されたていた場合は、かかりつけの病院、
または医師に連絡を取り死亡診断書を作成してもらいます。

ご自宅で療養してなく、かかりつけの医師がいない方が突然亡くなられた場合、
まずは、すぐに警察に連絡します。
この場合は監察医が死体検案書を発行します。


病院や施設、ご自宅以外で亡くなった場合は、
警察が死亡を確認し、死体検案書を発行します。

死亡診断書 (死体検案書) は、今後の手続きに必要となる場合があるので、
受領したらコピーを何枚かとっておきましょう。
役所提出後は返却されない書類です

d7

死亡診断書 (死体検案書) は、このように1枚の紙が2部構成になっていて、
右半分 (青い部分) が医師が記入した「 死亡診断書 (死体検案書) 」で、
左半分 (赤い部分) が「死亡届」です。


実際の用紙に色の枠はありません

「死亡届」に、亡くなったご本人と届出人になる方の必要項目に記入します。

届出人になれる方は、親族の方と、
親族以外は、同居者・家主・地主・家屋、土地の管理人・公設所の長・後見人・保佐人・補助人・任意後見人です。

記入する項目はこちらです。

死亡届に記入したら市区町村の役所に提出します。

提出は、以下のいずれかの市区町村の役場で行います。
提出期限は死亡の事実を知った日から「7日以内」です。
・亡くなった方の本籍地
・届出人の所在地
・死亡を確認したところ (例:病院で亡くなった場合、病院の所在地)

d1

死亡届の提出、火葬場の予約、火葬許可書の申請は、
ほとんどの葬儀社が代行しています。

手続き代行の場合、死亡届を葬儀社に預けるかたちになります。
「死亡届」「死亡診断書(死体検案書)」は、個人情報です。
取り扱いには、十分に気を付けてもらうことが必要です。


最後までご覧いただきありがとうございます!

掲載内容に関してのご不明点ご質問は、しおんのフリーダイヤルまで
お気軽にお問合せください。
0120-400-593

その他、お葬式の豆知識を、カテゴリー「お葬式の豆知識,よくある質問」にて
公開しています。是非そちらも覗いてみてください。

友引の日はお葬式を行わない?

お葬式は「友引は避けた方がいい」という風習があります。
私たちも皆様と日程を決める際「友引」についてのご質問をよく伺います。

今回はお葬式の風習の1つである「友引」について解説します。
ぜひ最後までご覧ください 🙂 

 

~目次~

 

「友引」は、カレンダーによく記載されている「六曜」の1つです。
「六曜」とは、その日の運勢を示した暦のことです。

↑ ↑ ↑
カレンダーの日にちの下に「大安」や「仏滅」などが書かれています。
これが「六曜」です。

お葬式だけでなく、大切な行事の日程を決める際には、
この「六曜」を重要視される方も多いのではないでしょうか。

 

六曜の意味を見ると、お葬式には関係ないように見えます。

それでは、なぜお葬式を友引の日に行わない風習が多く見られるのか、
理由は2つあるといわれています。
諸説あります

かつて友引の日はお休みの火葬場が多かったため、
〝友引はお葬式が行えない〟という習慣が根付いたといわれています。

現在では友引の日に運営している火葬場は多くあります。
利用する火葬場が運営していれば行うことは可能です。

 

友引は「物事に勝負がつかない日」という意味があるそうですが、
「友引」の文字から「友を引く」という意味に思われるようになり、
友人や親しい人が〝亡くなった人に引き寄せられてしまう〟というイメージがついて、
お葬式を避けるようになったといわれています。

~友引人形~
そこで友引のお葬式では、
〝引き寄せられることがないように〟と願いを込めて、
故人様のお棺の中へ、一緒にお人形を添える風習があります。

お人形は、友人や親しい方々の身代わりと考えられています。
「友引人形」や「供人形」といいます。

 

仕事や学校の事情など、スケジュールの問題で都合のいい日程がちょうど友引に当たった場合、
避けるべきか、悩む方は多くいらっしゃいます。

しおんでは、
「友を引く」というイメージを気にされる方、
また、友引にお葬式を行うことに抵抗がある方が、
お身内の皆様の中でお一人でもいらっしゃる場合、

友引のお葬式は行わないことをおすすめしています。
お葬式はやり直すことができません。
お一人でも納得できないことは避けた方がよいと考えています。

友引にお葬式を行う際は、
第一に、周囲の方のご理解をいただくことが大切です。

 

このようなお葬式の習慣やしきたりに関しては、様々なご意見やご質問を伺います。

柔軟に考える方が増えている一方、伝統や風習を重んじる方もたくさんいらっしゃいます。

お葬式は、お身内の方のご意見を尊重した上で、
何より皆様が無理なく、ご納得いただける日程で行えることが一番です。

 

 

お葬式に相応しいメイク

先日の投稿で少し触れましたが、
お葬式に出席する際、女性は服装だけでなくメイクにもマナーがあります。

細かく考えると一体どんなメイクがいいのか、悩むこともありますよね。 🙁

今回は、お葬式に相応しいとされているメイクを紹介したいと思います。
女性の方のご参考になれば幸いです。 🙂

「片化粧」とは、喪服の女性がする「薄化粧」のことで、
口紅やチークといった「紅」を使わないのが原則です。
これは「悲しみのあまり紅をひくことも出来なかった
という由来があるといわれています。

お葬式に相応しいとされる「片化粧」は、
なるべく華やかにならないように仕上げるのがポイントです。

濃いメイクはよくないとされていますが、
かと言って「ノーメイク」ではマナー違反です。

一般的に公の場での大人の女性は、メイクも身だしなみの1つとされています。
お葬式の場でも例外ではありません。
特別な理由がない限り、メイクをした方が無難です。

~具体的に~
ここで、お葬式の場に相応しいとされるメイクのポイントを紹介します!

肌は自然な感じに見えるようファンデーションは軽く塗るのがおすすめです。
顔が明るく見えるハイライト、光沢感のあるパールやラメは控えます。

チークは、特に華やかな印象になるので使用しない方がいいとされています。
どうしても顔色が悪く見えてしまうなどの理由で使用する場合は、
なるべく明るい色は避けて、オレンジ系などの淡い色を使うといいでしょう。

目元のメイクで印象が大きく変わるので、出来る限り控えめに。
アイシャドウはピンクやブルーなどの明るい色味のもの、ラメの入ったものは避けて、
ブラウン系のお落ち着いた色がおすすめです。

マスカラ、つけまつげは、
濃いメイクに見られてしまうことがあるので、使用しない方が無難です。
どうしてもマスカラを使用したい場合は透明なものを使用するといいでしょう。

「片化粧」は、口紅をつけないことが原則ですが、
うすいピンクやベージュといった落ち着いた色の口紅ならマナー違反ではありません。

濃い色や、明るい色の口紅、
また、光沢感が出るラメやグロスは避けるようにしましょう。

お葬式の場では、普段のメイクとは違い、
とにかく〝控えめに〟
華やかな印象にならないようにするのがポイントです!

① 明るい色や濃い色は使用しない
② キラキラしたラメやパールは使用しない

女性は服装だけでなく、メイクのマナーも大切です。
様々な方が集まるお葬式。
失礼がないよう出来る限り、きちんとしたマナーを守って出席したいですね。

~掲載内容に関して~
疑問点やご相談は、しおんのフリーダイヤルまで
どうぞ、お気軽にお問合せくださいませ。
ちょっとしたご質問も大歓迎です! 🙂