お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

しおんの一日葬 (2019年4月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬


大和斎場にて一日葬のお手伝いをさせていただきました。
菩提寺様がいらっしゃる場合はご理解をいただくことが必要です。

tamu1

大和斎場の式場は、白木の祭壇を利用することができますが、
この度は、ご家族のご希望により生花の祭壇をつくりました。

生花祭壇は、故人様が女性の方や、生前お花がお好きだった方に人気があります。

tamu1

祭壇のイメージやお花の色を悩まれていたご家族ですが、
曲線が綺麗なこちらのデザインに決まりました。

明るいピンク色が、女性らしく華やかでとても素敵です。

tamu2

故人様のイメージだけでなく、遺影写真のお洋服や雰囲気と合わせてみるのも素敵ですね。

故人様の最期のお花は「これでよかった」と、感じていただけるような、
皆様ご納得のものをお選びいただきたいと思います。

dajii1

大切なご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

しおんの家族葬 (2019年4月相模原市営斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 家族葬


相模原市営斎場にてお葬式のお手伝いをさせていただきました。

ono1

「相模原市営斎場」は、相模原市にお住まいの方が低価格で利用できる公営斎場です。
大式場(100席まで)と、小式場(70席まで)の、2つの式場を備えています。

この度は「家族葬」のご依頼でしたが「大式場」を、ゆったり広々と使いました。

oda7

祭壇は「お花が好きで、いつもオシャレだった」という故人様のイメージで・・
お花畑のようなオリジナル生花祭壇を「ふじ色」を中心に作っていただきました。

ono3

「ふじ色」は、故人様が大好きな色だったそうです。
祭壇に散りばめられた綺麗なふじ色のスイートピーが、とってもいい香りでした。

こちらのお花は、すべてご家族の手で故人様の眠るお棺の中へ納められ、
スイートピーの甘い、いい香りに包まれたご出棺でした。

ono2

大切なご家族のお葬式を、弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。
故人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

【相模原市営斎場のご案内】

「相模原市営斎場」は、葬儀式場と火葬場を備えた公営の斎場です。
相模原市に住民登録のある方が低価格で利用できます。

住所:相模原市南区古淵5-26-1

sagamiannnai

しおんは、便利で低価格な「公営斎場」を利用したお葬式をご提案いたします。

色々な「〇〇葬」2


時代と共に、様々な葬儀のかたちが増えてきていて、
最近では、本当に色々な種類の「〇〇葬」という言葉を耳にするようになりました。

mai1

前回は、そんな「〇〇葬」の種類を、いくつか紹介させていただきましたが、
葬儀だけでなく、火葬後お遺骨を供養する方法も「〇〇葬」といわれています。

今回は火葬後の「〇〇葬」を、いくつか紹介したいと思います。

kasougo

 

shizen
「自然葬」とは、お遺骨を墓地に納骨するのではなく、自然に還す葬送のかたちです。
お遺骨を細かく砕いた遺灰を海や山にまく「散骨」だけでなく、
直接土の中へ「埋葬」する方法も「自然葬」の一つです。

 

jumoku
「樹木葬」とは、墓石のかわりに樹木を目印としたお墓のことです。
また、山や林に散骨する方法も「樹木葬」といいます。

poinnto
多くの「樹木葬」は、目印となる一本の木の周囲にお遺骨を埋葬する方法ですが、
お寺や霊園によって、価格や仕様が違う様々な「樹木葬」があります。

hayashi

 

 

kaiyou
「海洋葬」とは、お遺骨を海に散骨する葬送のかたちです。
海洋葬を行っている民間企業に依頼し、船で沖に出て散骨するのが一般的です。

poinnto
海洋葬は、単独で行う場合と、他のご遺族と合同で行う場合があり、
それぞれご希望により料金が変わります。
また、ご遺族が船に同乗せず、代理で散骨してもらうことも可能です。

umi

 

 

uchuu
「宇宙葬」は、1997年にアメリカで始まりました。
お遺骨を専用カプセルに納めて、衛星ロケットで地球の軌道上に打ち上げます。
お遺骨を乗せたロケットは、地球の周回軌道上を回り、最後は大気圏に突入します。

poinnto
現在の「宇宙葬」もアメリカで行われていますが、日本で窓口になっている民間企業もあり、
そのプラン内容や散骨の方法は、徐々に増えてきています。

uchuusou

 

 

葬儀と同様、埋葬の方法も、お墓に納骨するだけではなく、様々なかたちがありますね。

こんな埋葬のかたちをお考えの方、ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

furi-daiyaru