お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

しおんの一日葬 (2019年2月登戸)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬

お通夜を行わないお葬式「一日葬」のお手伝いをさせていただきました。
(菩提寺様がいらっしゃる場合はご理解いただくことが必要です)

この度は、川崎市の登戸にある貸式場にて執り行いました。

【家族葬ホールのぼりと】
住所:川崎市多摩区登戸新町391

nobo2

まだ新しく、とてもきれいなホールです。

【受付・エントランス】
nobo3

20名ほどの少人数の葬儀にぴったりのスペースの式場には、
正面に、華やかな生花の祭壇を作りました。

nobo1

生花の祭壇は、式場のスペースに合うサイズ感になるよう、
ご家族とご相談させていただきながら一つ一つオリジナルのものをつくらせていただいております。

お好きだった色などを取り入れると、より故人様らしい雰囲気になりますね。

nobo4

しおんは、ご家族それぞれのご都合、ご希望に合ったお葬式になるよう、
式場や祭壇、プランなどをご提案させていただきます。

nobo5

数ある葬儀社の中で、弊社を選んでいただきまして誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

紫苑の花

弊社でお手伝いさせていただいたお客様から、
「うちの息子の名前が〝しおん〟です」
「〝しおん〟って孫の名前と同じ」など・・
ご家族に同じお名前の方がいらっしゃると、時折伺うことがあります。

そんな時は「一緒の名前ですね!」と、何だかとっても嬉しい気持ちになります。

hana2

弊社の社名の「しおん」は、「紫苑」というお花から決まりました。
淡い紫色の放射状にまっすぐ伸びた花びらの姿が、とても綺麗なお花です。

スタッフたちも皆、この社名が大好きです。

たまに、目玉焼き?や、太陽?と言われてしまう弊社のロゴも、
紫苑のお花をモチーフに作りました。

hana

 

紫苑の花には、人や過去を想うような、とても素敵な4つの花言葉があります。

hana3

この花言葉は、平安後期「今昔物語集」の、紫苑の話が由来といわれているそうです。
母の死を悼む兄弟の物語です。

hana7

弟の姿に、人を襲うような鬼すら感動したというお話しです。

〝誰か〟を想うひたむきな姿は〝誰か〟に届き、感動を与え、心動かすことになるのかもしれません。

hana5

こんなお話しが背景にある紫苑の社名を、今後も大切に、
そして、お客様の想いに応えられるお手伝いができればと思います。

相模原市営斎場の紹介

カテゴリー:斎場の紹介

今回は、相模原市の古淵にある「相模原市営斎場」を紹介します。

「相模原市営斎場」は、火葬場と葬儀式場を備えた、市が運営している公営斎場です。

sagami2

【所在地】
住所:相模原市南区古淵5-26-1

お車では、
・東名高速 横浜・町田ICから国道16号八王子方面へ約7㎞
・中央高速 八王子ICから国道16号横浜方面へ約20㎞
sagami1

 

【使用料金】
敷地内には火葬場と式場が併設されていて、
相模原市にお住いの方が低価格で利用することができます。
(亡くなった方が相模原市に住民登録している場合)

sagami5

 

【葬儀式場】
広さの違う2つの式場があります。
・大式場 (100席まで対応)
・小式場 (70席まで対応)
sagami4
( ↑ 写真は大式場)
どちらも天井が高く広々としたとても綺麗な式場です。
少人数の家族葬から、大規模な葬儀まで対応できます。

【施工例】
sagami6

 

【控え室】
こちらは式場のお隣にある控え室です。
お通夜振る舞い、ご火葬中の会食はこちらのお部屋にご用意させていただきます。
sagami7

 

相模原市営斎場は、低価格で利用できるだけでなく、
葬儀を執り行うための設備が整っているので、お客様のご負担が少なく、とても使いやすい施設です。

一番の魅力は、式場のすぐお隣に火葬場があるところです。
霊柩車やマイクロバスを使う必要がないので、その分の車両費もかかりません。
sagami8

しおんでは、お住まいの地域の公営斎場を利用した低価格の葬儀をご提案いたします。

相模原市営斎場の葬儀もしおんにお任せください。

葬儀のご依頼、ご相談は下記フリーダイヤルまでどうぞ。
24時間365日営業しております。
0120-400-593