お葬式のしおんブログ

お葬式のしおんブログ

しおんの一日葬 (2020年6月大和斎場)

カテゴリー:実績, 実績 : 一日葬


大和斎場にて一日葬のお手伝いをさせていただきました。

o1

この度は、お身内の方10名ほどのご葬儀でしたので、大和斎場の「第4式場」にて執り行いました。

43
大和斎場には4つの葬儀式場があり、席数や使用料、使用時間などが異なります。

しおんでは、お客様のご都合や人数などをお伺いし、
ご相談の上、式場の予約をとらせていただいております。

y1

式場内には中央に立派な白木祭壇があり、皆様にゆったり使っていただける十分な広さです。

この度は、この白木祭壇にピンクやラベンダーなど、かわいい色の生花を飾りました。

04

こちらの遺影写真の廻りの生花は「しおんの一日葬プラン」のセット内に含まれています。

お写真の一番近くのお花は、故人様らしいイメージのお花を飾りたいですね。

05

式場の白木祭壇は、飾るお花の種類や色によって、まったく違う雰囲気になります。

ご家族のご希望に近づくよう、また、少しでも故人様らしい祭壇になるよう、
お手伝いできればと思います。

y2

大切なご家族のご葬儀を弊社にてお手伝いさせていただき誠にありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【増えつつある一日葬】

「一日葬」とは、お通夜を行わない一日だけのお葬式のかたちです。
最近では、様々な理由から選ばれる方が増えてきました。

yon2

bodaiji

「一日葬」についてのご相談・ご質問は、しおんのフリーダイヤルまで、
お気軽にお問合せください。

私たちがお手伝いできること 


お葬式のしおんは、お客様が安心してお葬式を行えるよう、
日々、心掛けてお手伝いしております。

今回は私たち、しおんのお手伝いについて紹介したいと思います。

 

ot1

もしもの時、少しでも皆様のご負担が少なくなるよう、
しおんでは、事前相談をおすすめしています。

近年、お葬式の形式は様々なかたちがあります。
また、お客様によりご確認いただきたいことや準備していただきたいことは、それぞれ違います。
しおんは、お客様の状況やご希望を伺いながら、
一番ご納得いただけるかたちをお客様と一緒に考え、ご提案いたします。

 

 

ot2

ご逝去されてからお葬式が終わるまでの全てを、お客様専任の担当者がお手伝いします。

お葬式を行うことは滅多に経験することではないので、どなたもご不安です。
お客様の「こうしたい」というご希望、また、宗派による風習や状況に応じて、
より良いお葬式をお手伝いできるよう心掛けております。

 

 

ot3

お葬式を終えても、ご遺族は皆様、考えなければならないことがたくさんあります。
仏壇・仏具は、ご葬儀後によくご相談いただく一つです。

お仏壇は、ご予算や置く場所に応じたサイズ、また、その装飾品やお位牌など、
ご要望に応じてご案内いたします。

 

 

無題

お香典のお礼は、葬儀当日にお渡しすることが多いですが、
お勤め先の方、遠方のご親戚の方など、ご参列できなかった方から後日お香典をいただいた場合や、
法要の際など、返礼品の手配が必要な時はお任せください。

お礼状の作成、商品の郵送もあわせてお手伝いします。

 

 

ot8

亡き人の遺品を片付けていくと様々な思い出が見つかります。
だからこそ「さみしくて遺品整理ができない」というお声を時折伺うことがあります。

時間も労力もかかる遺品整理は、プロにお任せした方が安心なことが多くあります。
ご自分ですべて行うことが難しい場合は、是非ご相談ください。

 

 

ot6

先祖代々のお墓がある、また、生前に購入したお墓があれば、すぐに納骨できますが、
埋葬先が決まっていない、跡取りがいないなど・・
これからのことを慎重に考えなければならない場合、
しおんでは、時間をかけてゆっくりと検討することをおすすめしています。

ご質問やご心配なことがなどがあればお声をかけてください。
ご要望に応じてお手伝いいたします。

ohaka

お墓を考える (墓地・霊園の種類と違い)

お墓を考える 2 (お墓選びのポイント)

 

 

te7

葬儀後お疲れの中で、様々な手続きが大きなご負担となる方は多くいらっしゃいます。

しおんでは、ご希望により相続に関するすべてをお任せできる専門家をご紹介いたします。
まずは、無料でご相談から見積りの作成までしてくれるので安心です。
相続でお悩みの場合は、是非ご相談ください。

souzoku

相続の手続きお任せください。

 

 

burogu

掲載内容の詳細についてのお問合せ、
ご不明点やご質問は、しおんのフリーダイヤルまでご連絡ください。

また、「こんなことは出来る?」など、その他の内容のお手伝いも、
どうぞお気軽にお問合せください。

shion

しおんは、お葬式の前も、お葬式の後も、何かお困りのことがあれば、
お気軽にご相談いただけるような葬儀社を目指しております。

 

 

しおんのクールビズ


6月に入り、蒸し暑い日が続いていますね。
衣替えの季節となり、半袖姿のビジネスマンを多く見かけるようになりました。

環境省が温暖化対策として軽装の服装を呼び掛けた「クールビズ」がスタートしてから、
今年で15年目を迎えたそうです。

c2

今ではジャケットやネクタイの着用をやめた軽装が、夏場のスタイルとして定着していますね。

私たち葬儀の業界は、
夏でも「お葬式」の場面では、もちろんお手伝いさせていただくスタッフたちも、
かっちりとしたジャケットを着用していますが、
普段はクールビズを取り入れている会社が多いようです。

弊社も、毎年夏はクールビズを実施しています。

c3

2012年からは、環境省が従来のクールビズを、
さらに徹底する「スーパークールビズ」を打ち出しています。
これは、冷房を使わないで快適に仕事ができる服装が提唱されています。

さすが、〝スーパー〟がついているクールビズは、
かなりカジュアル化が進んでいて・・

環境省によると、〝TPOに応じた節度ある着用に限る〟そうですが、
ジーンズ、Tシャツ、サンダルなどが着用可能となっています。

中でも、アロハシャツが可となったのはスタートと共に話題になりましたね。

c4

スーパークールビズの服装は少し驚きましたが、変わりゆく時代と共に、
そんな服装のビジネスマンたちが当たり前になる日が来るのかもしれませんね。

 

 

c7

しおんの「お葬式相談所」は、今年も節電と地球温暖化防止対策の一環として、
クールビズ期間は軽装(ノージャケット・ノーネクタイ)にて対応させていただきます。

お客様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。