海老名市、大和市、座間市、綾瀬市の葬儀・火葬・家族葬。

お葬式のしおんブログ

色々な「〇〇葬」2

時代と共に、様々な葬儀のかたちが増えてきていて、
最近では、本当に色々な種類の「〇〇葬」という言葉を耳にするようになりました。

mai1

前回は、そんな「〇〇葬」の種類を、いくつか紹介させていただきましたが、
葬儀だけでなく、火葬後お遺骨を供養する方法も「〇〇葬」といわれています。

今回は火葬後の「〇〇葬」を、いくつか紹介したいと思います。

kasougo

 

shizen
「自然葬」とは、お遺骨を墓地に納骨するのではなく、自然に還す葬送のかたちです。
お遺骨を細かく砕いた遺灰を海や山にまく「散骨」だけでなく、
直接土の中へ「埋葬」する方法も「自然葬」の一つです。

 

jumoku
「樹木葬」とは、墓石のかわりに樹木を目印としたお墓のことです。
また、山や林に散骨する方法も「樹木葬」といいます。

poinnto
多くの「樹木葬」は、目印となる一本の木の周囲にお遺骨を埋葬する方法ですが、
お寺や霊園によって、価格や仕様が違う様々な「樹木葬」があります。

hayashi

 

 

kaiyou
「海洋葬」とは、お遺骨を海に散骨する葬送のかたちです。
海洋葬を行っている民間企業に依頼し、船で沖に出て散骨するのが一般的です。

poinnto
海洋葬は、単独で行う場合と、他のご遺族と合同で行う場合があり、
それぞれご希望により料金が変わります。
また、ご遺族が船に同乗せず、代理で散骨してもらうことも可能です。

umi

 

 

uchuu
「宇宙葬」は、1997年にアメリカで始まりました。
お遺骨を専用カプセルに納めて、衛星ロケットで地球の軌道上に打ち上げます。
お遺骨を乗せたロケットは、地球の周回軌道上を回り、最後は大気圏に突入します。

poinnto
現在の「宇宙葬」もアメリカで行われていますが、日本で窓口になっている民間企業もあり、
そのプラン内容や散骨の方法は、徐々に増えてきています。

uchuusou

 

 

葬儀と同様、埋葬の方法も、お墓に納骨するだけではなく、様々なかたちがありますね。

こんな埋葬のかたちをお考えの方、ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

furi-daiyaru