海老名市、大和市、座間市、綾瀬市の葬儀・火葬・家族葬。

お葬式のしおんブログ

大和斎場の一般葬 (2017年4月)

カテゴリー:実績, 実績 : 一般葬

大和斎場にてお葬式のお手伝いをさせていただきました。

座間市在住の方で、遠方からお見えになるご親戚の皆様、
ご近所や会社関係の方もご参列下さるというお話しでしたので、
『大和斎場・一般葬プラン』をご案内致しました。

yk1

祭壇の生花は故人様がお好きだった黄色を中心に「少し和花も入れてほしい」という、
ご家族のご希望で、菊のお花を足して仕上げていただきました。

yk3

yk2

祭壇の両脇からはみ出す程の、ふんわりとした黄色のオンシジウムと、
綺麗に整列した菊の花が、故人様のイメージを表現してくれています。

色味を揃え、和花を添えたおかげで、落ち着いた雰囲気の素敵な祭壇になりました。

 

式場全体の印象が決まる生花の色味や種類は、少しでも故人様のイメージに近づく様、
ご家族のご希望と共に、こだわりたいポイントの一つです。

 

大切な最期の儀式をお手伝いさせて頂き誠にありがとうございました。

ご家族と、たくさんの皆様に見守られ旅立った故人様、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

おじいちゃんの骨壺に

故人様をお見送りする際、お棺の中に、生前の愛用品や、
お好きだった食べ物などを、一緒に添えて差し上げることが出来ます。

ただし、お棺に添えられるものは「燃えるもの」に限られています。
そのため、眼鏡や時計などの「燃えないもの」は、
お遺骨を収める「骨壺」に添えて差し上げることを、ご提案しています。

tub

愛用品や思い出の品、お洋服、眼鏡、指輪・・
故人様と一緒にお見送りしたい品物は、ご遺族により、様々です。

 

先日、お葬式のお手伝いをさせていただいた際、
故人様のお孫様が「どうしても、おじいちゃんに持っていてほしい」と、
「鍵」を持って来られました。

ky

(※画像はイメージです。)

ご自宅の玄関のものだそうです。

なぜ鍵なんだろう・・?と、お孫様に聞いてみると、
「カギがないと、おうちに入れないから。」

お孫様の可愛らしい言葉に、ほっこりしました。

「おじいちゃんが天国に旅立っても、いつでも帰って来られる様に」と、
玄関の鍵は、故人様の骨壺の中へ添えられました。

お孫様の優しい心遣いに、天国のおじいちゃんも、きっと喜んでいることでしょう。

ky2

鍵を持っているから大丈夫。大好きなおじいちゃんは、
お盆まで待たなくても、いつでも、好きな時に帰って来られるね。

ほっと、安心した様な、お孫様の表情を見て「亡くなった人を想う優しさ」を、
小さなお子様から教えてもらった様な気持ちになりました。

大人になると忘れてしまう様な、お子様の可愛い発想に出会えた日でした。

お棺の中へ

こちらは、先日お手伝いをさせていただいたお葬式の際、
ご家族がお持ちになった、故人様が生前愛用していた品々と、
お孫様が書いた可愛いお手紙です。

na1

(※お客様の許可を頂いて掲載しております)

故人様がご自身のお母様と一緒にお召しになっていたフカフカの手触りのベスト、
マフラー、よくご覧になっていたお気に入りの雑誌などが、
お手紙と一緒に、ご家族の手でお棺の中へ添えられました。

 

お葬式のお手伝いをさせて頂いている中、
そんなご家族のお姿を見て、いつも思うことがあります。

亡くなったら仏様になるため四十九日の旅に出るという教えの宗派がありますが、
その旅路の中、寒かったらマフラーを巻いて、少し休憩して雑誌を眺めたり、
疲れたらお孫さんからのお手紙を読んだりしているのかな・・と。

宗教、宗派によって、様々な教えや作法がありますが、
お棺の中へ、ご家族のお気持ちと一緒に添えられた品々は、
故人様が行くべき場所へ辿り着いても、ずっと持ち続けることが出来る様な、
そんな気がしました。

 

いつか、私の時はお菓子をたくさん入れてもらおう。

kashi