大和市、海老名市、座間市、綾瀬市の葬儀・葬式・大和斎場を利用した家族葬。

お葬式のしおんブログ

七夕のお願い事

カテゴリー:葬儀後のお話

今日は七夕ですね。

子供の頃、短冊に願い事を書いた記憶があります。

〝短冊の願い事〟といえば数年前、お客様から伺った、

おばあちゃんと、お孫さんの、素敵な七夕のお話しがあります。

71

このお客様のおばあちゃんは、ご主人を病気で亡くされました。

長年連れ添ったご主人を亡くしたお悲しみは深く、

なんとか葬儀にはご出席されましたが、

おじいちゃんを亡くしてから、おばあちゃんは、

別人の様に無口になり、すっかり元気をなくしてしまいました。

おばあちゃんの様子を見ていたご家族は皆、心配していました。

tana1

そんな日々の中、まだ幼いお孫さんが、

おばあちゃんに元気になってもらおうと、

自分の分のおやつをあげる、お花を摘んでくるなど、

それは毎日のように、色々な手を尽くしていたそうです。

「元気になってくれるかなぁ」「喜んでくれるかなぁ」と、

きっと、幼いながら一生懸命、考えていたのでしょう。

おばあちゃん想いの、本当にやさしい子ですね。

72

おばあちゃんは、こんな孫のやさしさが、

可愛くて、嬉しくて、

少しずつ元気を取り戻していきました。

 

そして、七夕が近くなったある日、

おばあちゃんは、孫が書いた短冊を目にしました。

そこには、こう書いてありました。

 

「おばあちゃんが、おじいちゃんと会えます様に」

tan

今日は、一年に一度〝織姫さまと彦星さまが会える日〟

そんな七夕の伝説を知ったお孫さんは、

〝おばあちゃんも、おじいちゃんに会える様に〟と、

短冊に願いを込めたのです。

「〇〇が欲しい」「〇〇に行きたい」などの、

「自分のため」ではなく、「おばあちゃんのため」に。

tana2

小さな孫が書いてくれた短冊は、

おばあちゃんの宝物であり、元気の源だといいます。

ずっと、大切にとっておくそうです。

無題

子供の頃、本気で叶うことを信じて書いていた短冊は、

身近にいる大切な存在と、それを思いやる心が、

本当に〝願い事〟を、叶えてくれているのかもしれません。